グッズ

カキコホルダー2ポケット(キングジム)というアイデア商品をレビューしてみる!

最近使い始めたのが、キングジムから出ているカキコホルダーという

書類ホルダー。

A4サイズで薄く持ち運びしやすい。

ホルダーに入れたまま書き込みできるというのが目玉の商品なのですが、

どんなものかご紹介してみます。

 

製品の概要

 

商品の特徴を列記してみます。

1,半透明の左右のホルダーに保管。

左右に半透明のポケット(ビニール製)があって、

ここにA4サイズの書類を保管可能。さらにA3サイズ用紙も両方のポケットを利用すれば保管できます。

2,フラップに挟み込んだまま記入できる

 

半透明のポケットには紙を挟み込むためのフラップというものが上下にあって、ここに紙を引っ掛けてこの状態のまま記入ができます。

ホルダー兼クリップというわけで、左右にあるので

クリップボードが2つある

感覚で使えます。

なお、数枚程度ならハサミ込んだまま持ち運ぶことも可能です。

3,ペンホルダーも

上部にはにペンホルダーもついていて,太めなので多機能ペンのような太いペンも収納OKです。

4,300円ほどと格安

 

お値段は300円程度と手頃な値段です。

5,カキコというクリアファイル製品も

 

もともとは、半透明のポケットだけを10〜20枚収めたクリアファイルタイプのものが製品化されていて、この2枚だけを使い、ホルダーとしてアレンジした製品のようです。

なお、クリアファイルタイプのものは、両面ともフラップに資料を挟み込むことができる仕様なので、パソコン打ち出しの資料などを沢山持ち歩く必要のある方には、こちらもオススメです。

 

実際の使い勝手

 

1,僕の使いかた

左側に落書きしたA4サイズのメモやプリンター打ち出しの資料などを保管し、右側にはサラのA4方眼用紙を入れていつでも使える状態にしています。

左右に20枚づつ、合計40枚くらいが保存容量の目安でしょうか(体感上ですが)。

これ以上増えるとポケットからはみ出してしまい、資料端が曲がってしまったりしますので、入れすぎは注意です。

2,左右に挟み込んで記入するのが便利

 

左右に資料を挟み込み、開いた状態のまま、書き込みができるのは非常に便利です。パソコン操作のマルチウインドウで操作しているのと同じ感覚です。

A3のパンフレットを挟み込んでいる図。パンフレットはジャストA3ではないので、下部だけ挟み込みしています

 

3,クリップバインダーの弱点を克服

これと似ているのがバインダー式のクリップボード。

しかし、クリップボードのそれは書類を保管するスペースがなくて、書いた書類をどこに保管しようかいつも迷ってました。

そこが弱点だったのですが、

この製品はそこを改善したアイデア商品です。

あとがき

 

保存容量が少ないのがやや不満ですが、総じて使い勝手の良い製品だと思います。

バッグの中にA4用紙をどう保管したらいいか、困っている方なら、役立ちできる製品だと思います。

 

いざ!創らん 主筆
この記事を書いた人のプロフィール
大学卒業後、某金融機関に就職。ノルマノルマで明け暮れる日々を過ごすが、ただ闇雲にマニュアル人間のごとく仕事をするのが嫌になり転職。

どうやったら著名なクリエイターのように優れたものを創ることができるのか、どうやったら素晴らしい仕事をやり遂げることができるのか、

それを模索するためにこのブログを立ち上げました。

いろんなトライアルを繰り返しながら、みなさんに共有できるノウハウを記事にしていけたら、と思っています。