さあ、何をつくろうか!
カメラ

耐荷重80kg!!MOMANのミニ三脚と雲台セットが安定感抜群ででおすすめだと感じた理由

いままでマンフロットの小型軽量の三脚を愛用していたのですが、流石に1Kg前後の一眼カメラでつかうとなると、足腰がフラフラして安定しません。

もろによろけて倒れてしまったりで…、なんとも使えない。

KissMも軽量とはいえ、レンズを含めると総重量で1Kgくらいの重さにはなってしまうので、それなりの重さに耐えてくれる良い三脚がないかなと思っていました。

しかも机上で撮影する機会が多いので、卓上の小型でないとだめです。

ずっと探していたのですが

やっと、アマゾンで見つけたのが、これ

 

 

 

MOMANという初めて聞くメーカーですが、非常にレビュー評価も高く、良さそうな製品だったので手に入れてみました。

最大荷重80kgというのがひとつのキャッチフレーズで

頑丈さが売りの三脚なのですが、どんなものか簡単に紹介してみたいと思います。

 

 

 

ファーストインプレッション

商品一式。いかにも中華製という感じです

 

僕が購入したのは雲台と三脚セットの商品。およそ6,500円ほどで手に入れました。

 

1,重い

 

とにかく最初に思ったのがこれ。

三脚と雲台合計で566グラムありました。

雲台だけで298g.。三脚だけでも268グラム.。なんて重い雲台でしょうか。

こんな重い雲台を手にしたことがありません(初心者なので)。

80kgの重さにも耐えることができる頑丈な三脚というのがキャッチフレーズのようですが、こんなに重いとは想定していませんでした。

 

2,安定感バッチリ

実際に取り付けてみました。

KissMにシグマ16mmF1.4のレンズを乗っけて角度をかなり下に倒しても、上の写真のようにぐらつきません

凄い!安心して写真を取れます。

重いのはデメリットでもあり、メリットでもあるということですよ。脱帽!素晴らしい。

 

3,操作が分かりにくい

 

ただ、取扱説明書のようなものは特に入っていなかったので、どう扱ったらいいのか戸惑いました。

特に三脚の開閉方法が分からずちょっと不親切だと感じました。

 

 

使い方

 

いろいろ使っているうちにやり方は分かってきました。Amazonの商品ページの写真を見ればほぼここに書いてあったのですね。

簡単に使い方を説明しておきたいと思います。

(1)三脚の開脚

 

三脚の開脚方法は2通り。

一つは45度角(たぶん)の高さ。

もう一つは180度近くほぼ水平の角度の開脚。

2つを切り替えるには

下の写真の赤いリングを左右に回転するとことで可能になります。

回してもカチっと音がするわけでもなく、目印が書いてあるわけでもないので、ちょっと不安になりますが、適当に回るほうに回せばOKです^^

 

(2)バンドで固定できる

 

バンドが3つ付属していて、これを三脚につけて(ちゃんと穴があるのです)、公園のベンチ、樹木、などにくくりつけて変則的な場所に固定できるようです。

まだ、試せていませんが、応用範囲は広そうです。

 

(3)ネジ穴の活用

 

三脚にはカメラネジの穴が1脚につき2個づつ、計6個あります。ここにねじ込んでいろんな使い方ができます。

簡易ライトをつけたり、外部マイクだったり。

なかなかのユニーク商品です。

 

(4)組み合わせ自由自在

 

上記のようにバンド穴とカメラネジ穴を組み合わせると、いろんな使い方ができそうです。

思いついたのは、延長棒と組み合わせて、スマートな三脚として使うこと。

マイク台とか、オーケストラの楽曲置きとか、用途としては無限です。

 

(5)カメラネジは2つの仕様に対応

 

雲台と接続するネジは

3/8ネジと一般的なカメラネジである1/4のネジと両方が使えます。ねじ込むと自動で切り替わる仕組みになっています。

雲台の使い方

 

付属する雲台についても紹介しておきます。

先程も書きましたが、

第一印象は非常に重くマイナスの印象でしたが、使い込むうち、重いが逆に非常に安定感がある製品だと今では評価しています。

 

外形

 

2つのノブで操作します

①回転用ノブ

横方向にグルっとパンをすることができるのですが、それを緩めたり締め付けたりするのがこのノブ。360度回転可能で、メジャーが付いているので細かな操作ができそうです。

②自由雲台のノブ

普通の雲台によく見られる、自由にボールを締め付けることができるノブです。大きくて非常に重厚感が感じられ安定しています。安物のように締めても締めても動いてしまうとか、そういうのは全くないです。良いですねー。

 

雲台を三脚に取り付けるには

 

この雲台は普及している雲台よりも一回り大きいネジが使われているので、普通の三脚では固定できません。アダプターが必要です。

左がMOMANの雲台。右が普通の雲台。ネジの大きさが違います

 

 

アルカスイス互換のクイックシューが付属

 

ありがたいことに、僕が普段から使っているアルカスイスのクイックシューがデフォルトで取り付けられています(但しシューは原則取り外し不可)。もちろんプレートも付属しています。

さらに水準器も2箇所ついているので、精緻な撮影が可能です。

このへんも考えると、セットで6千円台って安いんじゃないかな。

 

まとめ

 

卓上三脚なので軽量級のものを想定していたのですが、それとはほぼ真逆の製品で、戸惑いと驚きが交差した感じです。

とにかく、一眼の重さでも

びくともしない!

これがこの三脚の一番の魅力です。

それと、いろんなネジ穴があるので、応用範囲も自由自在で、

使えば使うほど味がでそうな三脚です。

雲台もかなりの高機能な製品なので、あわせると相当コスパが高いです。雲台とセットで購入されることをおすすめします。