OsmoPocket用の固定アダプターが(中国から)到着した! 実際に使えるのだろうか?

スポンサーリンク

 

2週間ほどかかりましたが、やっとOsmoPocketを三脚などに固定するためのアダプターが到着しました。

 

DJI OSMO POCKETのクリスマス最高付属!Longtis 1/4 インチねじアダプター ブラケットDJI OSMO POCKET ハンドヘルド ジンバルの拡張
 

 

ここ10日間ほどの間にアダプターについてはいろんな方がYOUTUBEに投稿したり、ブログに掲載したりしていて、いろんな情報が集まってきました。

 


 


 

概ね3,4種類あるようで、3Dプリンターで自作されたりしている方も多く、

実は

失敗したか?

と不安になって来ていました。

さてさて、使えるのでしょうか?

 

 

こんな商品

 

付属品はGoproでよく使うネジです。(当然か)

 

 

材質はプラスティックのようです。こんなペラペラの型枠が1500円もしました。トホホ。

 

無線アダプターを装着するのを見越して、このタイプのものを購入したのですが、貧弱そうで、果たして正解だったのかどうか……。

基本はバックパックにクリップで止めて使うので、出来上がりがこんな感じになります。

 

Goproで使っていたクリップに装着したところ

実際にOsmoPocketをはめてみました。当然ピッタリです

 

実際に撮影してみた

 

で、実際に戸外にでて撮影してみました。

 

こんな感じでバックパックのアームベルトの部分に装着します。

 

横から撮影してみました。こんな風に前に倒すと液晶を確認することができます。

 

最初に、方向や設定が自分の意図しているものになっているかどうか、カメラを前に倒して液晶で確認します。

(※固定モードがオススメ。またチルト方向がちゃんと中心になっているかも確認したほうがいいです)

 

 

で、良ければ録画ボタンを押します。

 

 

 

録画が始まったらカメラを縦に戻しておきます

横のままだと重さでカメラが動いてしまい、不安定なんですよ。

 

超ショートな動画ですけど、アップしましたので参照ください ↓↓↓ このアダプタをつけて歩いています。


 

結構安定して録れています。

 

なお、

ネジを緩めれば簡単にカメラ本体を取り外すことができます。逆に締めれば締めるほど固定されてキツくなるのですが、あまりタイトには締め付けできないようで、緩くしか締まりません。

 

 

ま、外れたりすることはありませんので、大丈夫そうです。

 

斜め外側を向いてしまう問題

 

問題は方向が若干斜め外側を向いてしまうことです。

 

 

バックパックのベルトの構造上、やや外側を向いてしまうのは仕方がないことで、意図するものとは若干外側の絵が録れてしまいます。

縦(チルト)方向は液晶のツマミで調整ができますが、パン(横)方向は本体に調整するツマミがありません。

仕方ないので強引にベルト間を締めることで調整しましたが

ちょっと微妙ですね。

 

黄色い箇所の細いベルトを締めることで若干調整はできるのですが

 

オプションで雲台なんかを取り付けることで、問題は解決できると言えばそうなのですが、ムカデのように複雑になるので見た目が悪いです。

パン方向も本体液晶で調整できるようにファームウエアアップデートを期待したいところです。

コレ以外は結構快調だったので、もう一息! 惜しいですね。

 

まとめ

 

とりあえず安堵しました。

これなら、結構使えそうです♪

Amazonには日々新しいアダプターがアップされていて、試してみたいと思う衝動にかられてしまうのですが、中国からの送付には懲りましたし、お値段も高めなので、ここはぐっと堪えて様子見しています。

なお、これと同時期に注文していた無線モジュールは在庫がないためキャンセルとなってしまいました。残念。

またこれも様子を見て注文するしかなさそうです。

アクセサリーが出揃うまでは時間が掛かりそうです。慌てないように気をつけましょう。

 

 

 

 

 

 

追記 2019年1月10日 斜め外側を向いてしまう問題が解決?  

 

YOUTUBEを見かけていたら、同じような問題点を指摘されている方がいました。

 

 

多分、これを使われているのだと思います。

 

 

早速注文して試してみることにしました。

でも、届くのは月末近くのようです。

ご参考まで……。