さあ、何をつくろうか!
便利な道具たち

バイブルサイズのClipbookを発見!

先日、ロフトを歩いていたら

B6(バイブル)サイズの大きさのClipBOOKを発見しました。

大きさ比較。右がA5サイズ、左がバイブルサイズのClipbookです。

 

以前からA5サイズのClipBOOKを愛用していた僕は即決で飛びつきました。ちょうどバイブルサイズの手帳を探していたのです。

A5サイズのシステム手帳(Filofax) ClipBOOKが使いやすい!ちょっと変わったシステム手帳を購入してしまいました。 あのファイロファックス社が作った製品で ClipBOOKと言います...
リングの大きさもほぼ同じように見えます。(上:バイブルサイズ 下:A5サイズ)

 

ClipBOOKというのは

・シンプルで軽い
・多くの枚数が収納可能
・ペン収納がしやすい
・ページをめくりやすい

こんな特徴のあのファイロファックス社から発売されているシステム手帳なのです

机に置くとこのようにリングが横倒しになるのが特徴

 

 

非常に個性的な手帳です。

 

 

リングの開閉は、直接リングを触って行います。

 

触ってみて思ったのは
A5サイズをそのままB6サイズにした感じの製品、だと言うことでした。

 

こんな風に手で持ちやすく、めくりやすくなっています。

なにもかもそっくりです。

リング経が大きいので、このようにペンを収納することも可能です。

 

その他の印象としては

案外安い

3000円しません。Amazonではもっと安い。

 

とまあ、こんな感じでしょうか。

まとめ

システム手帳はルフトという薄型のタイプのものを使っているのですが、

ミニマムなシステム手帳 LUFTをレビューする 店頭でこの製品を見た時驚きました。 A5サイズのシステム手帳ClipBookと同じように、手帳カバーになにも装飾が...

薄型でシンプルなのは良いんですが、やはり収納枚数が少ない。かねてから大きなものがあれば、と物色していました。

右がルフト、左がバイブルサイズのClipbook。両方共スマートですが太さが全く違います。

 

結構な枚数を収納できるので、僕の希望にバッチリです。

しばらくルフトと併用して使い倒します。