さあ、何をつくろうか!
スマホ・タブレット攻略術

ロジクールのBluetoothキーボード・K811のケースを購入した。

 

愛用していた超軽量モバイルキーボードのキーが取れてしまい、壊れてしまいました。!

 

IMG_0146
optionボタンが外れてしまい。修復できないようです。

 

仕方ないので、自宅で使っていたロジクールK811をとりだして暫定的に外で使ってみたら、

「ありゃすごい!」

超使いやすいと改めて見直しました。

 

IMG_0141
HuaweiGR5を縦置きで使っています。

 

デスクトップで利用しても問題なく使える本格的なキーボードなのですから、当然といえば当然です。ちまちましたモバイルキーボードなど目ではありません。

 

実は、K811はMac、iOS専用と唄われていたので、Androidでは使っていなかったのです。

 

Logitech K811 Bluetooth Easy Switch Keyboard for Mac/iPad/iPhone
ElectricalLand
売り上げランキング: 133,020

 

337gと非常に軽量だし、今後はこのキーボードを持ち出すことに決めました。

 

しかし、またキーボードを持ち出して壊れてしまっては元も子もありません。モバイルキーボードが壊れた原因は「裸で」持ち出していたからに他なりませんから。

で、Amazonで探しました。キーボードケース。

 

 

 

 

 

 

簡単に紹介してみます

 

 

手に入れてみると、なんてことないダサイ普通の保護ケースでした。

 

IMG_0129
開封する前。ビニールで覆われています。

 

 

パソコンカバーによく使われているゴム素材で、まあ安いので仕方がありません。

 

IMG_0131
左側にはメッシュ地のカバーがついていて、ケーブルなどを収納できます。

 

非常にピッタリで、ピッタリすぎてちょっと窮屈な感じがしないではないのですが、十分キーボードを保護してくれそうなので合格です。

 

IMG_0137

 

K811以外にもアップルのBluetoothキーボードも収納できる汎用ケースです。

 

IMG_0134

 

IMG_0135
ここからがちょっと力が要ります。

 

IMG_0132
完璧に収納が終わった図。

 

K811はきっかりピッタリの大きさで専用ケースのようでした。

 

 

最後に

 

キーボードが変わるだけでスマホでこれほど快適に入力ができるようになるとは思ってもいませんでした。

スマホのキーボードというとコンパクトで小さいキーボードを連想しがちですが、この手の本格的キーボードを持ち出すのも一つの有効な方法だということです。

 

そして、このK811ってキーボード

Bluetooth機器を3台登録して専用ボタンで簡単に切り替えができますし、キーボードは光るし、

購入してもう数年経ちますが、非常に使い勝手の良い製品です。

 

おすすめ。

 

 

 

 

Logitech K811 Bluetooth Easy Switch Keyboard for Mac/iPad/iPhone
ElectricalLand
売り上げランキング: 133,020