ライフスタイル

在宅勤務の強い味方!!リラックスして強い集中力を維持しながら仕事をするならYogiboの膝上テーブル「Traybo2.0」が最強でした!

最近購入した筋トレ用スタンディングチェア。

これに足を投げ出して、リラックスしながら仕事をするのが、最近のお気に入りです。

狭い部屋でも筋トレできるトレーニングベンチが欲しい!ならば普通の椅子にも代用できる〜フォールディング フラットベンチ LE-FFB2〜が便利でした! こんにちは、 コロナ禍の中、いかがお過ごしでしょうか? 僕は流石に身体がなまってしまっていて、夏の後半から体調を崩してしまいました...

でも、膝上にパソコンの熱がじんわり伝わってきて、非常に不愉快になることってありませんか?

どうかすると低温やけどをしそうな程の温度です。

そうすると
やる気を削がれます

なんとかしたいと探したところ、目についたのが、

膝上テーブル

いくつか購入してみたのですが、

その中でも、
YojiboのTraybo2.0という製品が気に入ったので紹介してみたいと思います。

 

 

こんな製品

 

販売はあの変貌自在なソファで有名なヨギボー社

なんとなく安心感があります。

付属品は、

①本体と、②滑り止め用の固定バー
それと③一枚ものの説明書。

これだけ。

固定バーはパソコンが滑らないようにする板です。

それを裏面の両面テープで貼り付けて固定するというもの。

本体は竹製で、手触り最高!
ものすごく質感が高い製品です。

仕様は以下

製品名 ラップトップトレイ『Traybo(トレイボー)2.0』
大きさ 縦34cm 幅47.5cm 厚み約9.5cm
重さ 約1610g
トレイ素材 竹100%
カバー素材 ポリエステル58% コットン31% ポリウレタン11%

 

大き過ぎず、小さすぎず。ちょうど良い大きさだと思います。

使い方

 

使い方は至って簡単で

膝上に乗せて角度を整えて、その上にパソコンなどを置いて使います。
こうすると、

パソコンが発する熱を感じることを防ぐことができます。

 

このようにフラットスタンドに足を投げ出して作業すると仕事が捗るのです

 

また、板の下のクッションの中にはビーズが入っていて、

それをどちらかに寄せることで凹凸を作ることができるので、

このような角度にすることも

逆向きに傾けて、
パソコンが一番良く見える丁度良い角度に調整することができます。

これがこの製品の一番良いところ。

実は、中華製の3000円ほどの膝上デスクも購入したのですが、

こちらは、凹凸がうまく作れなくって
結果、角度調整の幅が小さいために使いにくく感じて、あまり使わなくなりました。

 

固定バーをどこに貼るのかが問題

 

それと
ポイントは、固定バーをどこに貼り付けるかです。

僕はこのあたりに貼り付けました。

かなり真ん中寄りなのですが

両方の足を結構立てて

そこにこのTrayboを載せて作業をすることが多いので、これより手前の位置だと手元過ぎてiPadなどのキーボードでは入力しにくかったりするわけです。

僕が貼り付けた位置なら、膝を立てても入力が可能です。

ただ逆に、

足を立てないで作業をする際は、重心が前方に寄り過ぎてしまうので、バランスを崩して使いにくくなったりします。

安心ください

そう言う時は、上下逆にして使います。
僕のつかっているMacBookはクリアケースに入れているので、裏面の滑り止めがちょうど固定バーに引っかかってくれるのです。

上下逆向きにしたところ。この状態でも利用は可能です

 

そして、下のクッション部分は柔軟性があるので、逆むきで使っても、自在に凹凸が作れます。

固定バーは一旦貼ってしまうと、あとで剥がすのが大変です(両面テープはかなり強力なのです)。

原則剥がせないと思ったほうが良いと思います。

なので
よーく自分の使い方を考えてから使いやすい位置に貼り付けましょう。

B5のノートをこのように広げて作業することもできます

 

 

タブレットスタンドの溝はイマイチかな

 

タブレットやスマホを立てて使うことができる専用の溝まで用意されていますが

ただ、ここにタブレットを立てるのは個人的にちょっと厳しいと思ってます。

と言うのが、僕は足を立てたり、投げ出したり。膝を組んだり

とかなりいろんな角度で使うので、角度によってはタブレットが簡単に倒れてしまいます。

角度によっては、タブレットが落っことしてしまうこともある。

なのであまり使ってません。

ただ、全く使えないということもないので、このへんはお好みで。

 

口コミでよくある質問

 

Amazonにある膝上テーブルのレビューなどから、よくある質問に僕なりに答えてみました。

■重く使わないときは邪魔になるのでは

 

個人差でしょうね。

僕はこの程度の大きさなら邪魔には感じません。

また、確かに多少重いですが、逆に安定性は高くなるということです。

片手で持ち運びできないほどではないので、重くはないと個人的には思います。

■もう少し小さいほうが良い

 

じつは、一緒に買った中華製のやつは、これより小さいタイプでした。

右がTraybo 左が3000円の中華製品

 

でも、小さいのは足を立てたりできないので、逆に利用シーンが限られます。

Trayboくらいの大きさがジャストで、四角形にも近いので使いやすい形だと思います。

■滑り止めは取り外しできるか

 

固定バーのことだと思いますが、両面テープでかなり強固にくっついているので、原則剥がすのは難しいと思ったほうが良いです。

ベンジンなどを使えば剥がすことはおそらくできると思いますが、試していません。

■クッションとの接着部分が、接着剤が出てる所が、少し雑

 

特にそういう箇所は見当たりませんでした。
こんなものかな、と思います。

■膝の上にのせてたが少し暑い

 

確かに、夏は使う場所によっては暑いと思うかもしれません。でも、クッション素材は結構サラサラなので、タオルを敷いたり、工夫するばなんとかなると思います。

■クッション部分は洗濯できないのか

 

これが、この製品の随一の欠点です。

取り外しができないので洗濯はできません。

注意して使うか、汚れたら、その部分だけ強力洗浄剤で洗うかということになります。
また、僕は汚れても目立たないようにネイビー色のものを購入しました。

 

まとめ

 

いろんな製品を見てきましたが、やはりこのTrayboが一番使い勝手が良いように思います。

リラックスしつつ、仕事に集中できる秘密兵器。
今では、そんな存在です。

まとめるとこんな感じ。

  1. 程よい大きさ、材質が竹で質感が最高
  2. クッションは柔軟に凹凸が付けられ、多少の角度調整が可能。
  3. リラックス出来るので作業に集中できる

ちなみにお値段は、Amazon価格で6,578円。
※アウトレット価格で放出することもあるようです。Yogibo社のHPを御覧ください。

最近、購入してよかったもののうち、ベスト5の中に入るほどお気に入りの製品のご紹介でした。

 

いざ!創らん 主筆
この記事を書いた人のプロフィール
大学卒業後、某金融機関に就職。ノルマノルマで明け暮れる日々を過ごすが、ただ闇雲にマニュアル人間のごとく仕事をするのが嫌になり転職。

どうやったら著名なクリエイターのように優れたものを創ることができるのか、どうやったら素晴らしい仕事をやり遂げることができるのか、

それを模索するためにこのブログを立ち上げました。

いろんなトライアルを繰り返しながら、みなさんに共有できるノウハウを記事にしていけたら、と思っています。