グッズ

無印の2990円のリュックサックでピッタリ使えるバッグインバッグを見つけた!

最近愛用している無印のリュックサック。3000えんと格安でありながら、背負いやすいその機能性が大好きで、毎日使っています。

リュックサック・バックパック 通販 | 無印良品

しかし、随一の欠点が、小物を入れるポケットがないところ。

パソコンやペットボトルや傘などを収納する大きめのポケットはあるものの、
財布を入れたり、イヤホンやバッテリーなどの小物を収納する場所がないのです。

底にまとめて置くとごちゃごちゃするし出し入れしにくい。横向きのバッグインバッグで誤魔化して使ってきていましたが、やはりダメで

やっと

手に入れたのがこちら。

 

 

例によりAmazonで購入しました。

 

 

3つの特徴

商品自体は非常に地味です

 

(1)全部で12のポケット

 

特徴は全部で12もあるポケットの数。

それぞれマチも結構深く、かなりの収容量です。

今のところ、③④にはモバイルバッテリー、データ通信機、AirpodsProを入れています。

中を上から撮影したところ

⑤はジッパーで開け締めできるようになっていて、ここにKindleオアシスを入れています。

⑥⑦はゴム網のようなポケット。名刺入れや、お菓子など入ります。

⑧⑨は円形のゴムポケットで、水筒や傘などを入れることができます。

⑩が一番大きな部分で、いつもは小さめの弁当を入れています。

⑪は結構大きめのポケットでジッパー付きの入れ物にペン、ハサミ、テープ、消しゴムなどの文具類を詰めて入れています。

⑫は裏面にある大きなゴムポケットでA4書類などが入ります。

なお、裏面には鍵などを保管できるリング付きです。

これだけのポケットがあれば十分ではないでしょうか。

 

(2)自立する(条件次第で)

 

入れかたにもよりますが、自立することが可能で、無印のリュックも基本自立してくれるので、より強力さが増します。

横からバッグインバッグを見たところ

(3)無印のリュックサックにぴったり

Lサイズでジャストサイズでした。

全面下のポケット①②は隠れてしまいますが、頻繁に出し入れしないものはここに収納するなど使い分けを決めておけばノープロブレムです。

大元のリュックサック内のパソコン収納部分にもこのように簡単にアクセス可能です

 

まとめ

 

横置きのバッグインバッグってのは結構多いのですが、縦置きの製品はあまり見かけません。そんな中発見した逸品で

2000円ちょっとしますが、買ってよかったと思っています。

それにしても、なぜ無印さん自身で商品化されないのかが不思議です。

無印さんにもっと驚くようなリュック専用のバッグインバッグを期待したいものです。

 

いざ!創らん 主筆
この記事を書いた人のプロフィール
大学卒業後、某金融機関に就職。ノルマノルマで明け暮れる日々を過ごすが、ただ闇雲にマニュアル人間のごとく仕事をするのが嫌になり転職。

どうやったら著名なクリエイターのように優れたものを創ることができるのか、どうやったら素晴らしい仕事をやり遂げることができるのか、

それを模索するためにこのブログを立ち上げました。

いろんなトライアルを繰り返しながら、みなさんに共有できるノウハウを記事にしていけたら、と思っています。