さあ、何をつくろうか!
便利な道具たち

持ち歩きにドヤ顔できるバタフライボードのジャケットを購入してみた!

メーカーサイトを覗いていたら、いつの間にかバタフライボードにジャケットが販売されているのに気づきました。

 

あれば使いやすくなるだろうし、どんなものか使ってみたい…。そそくさと調べるとヨドバシカメラさんでも販売してたので購入してみました(A4サイズ版です)。

https://www.yodobashi.com/product/100000001004470125/

 

どんなものなの?

開封すると

付属するのは、プラスティッキーでペラペラの板が2枚。剛性はなく下敷きのような素材で至ってシンプルなものでした。

ホワイトボードと同じく、端に磁石が2箇所貼られており、この磁力でボード本体とくっつく仕組みのようです。

なのでジャケットといっても、ホワイトボード本体と構造はほぼ同じです。

この2枚の構造ですが

▼片方の裏側はこんな感じ。

▼透明の小さなカバーとペンシルホルダーがあります。

▼こんな感じで数枚の紙を挟んだり。また、ペンを挿したまま持ち歩くことも可能です。ただ、ペン挿しの穴は専用ペンに合わせて作られているようで、あまり太くないので注意してください。

▼もう片方の裏側はこんな感じ。

▼こちらは、名刺を挟んだり、小さな紙を挟んだりが可能です(但しA4サイズは厳しい)。

▼2枚とも表にロゴが印刷されています。

▼ホワイトボードよりもほんの僅かに大きく作られており、はみ出すことはほぼありません。

▼厚さはこんな感じ。

▼ホワイトボード本体を挟めてみた全体感はこんな感じとなります。

 

使った感想

 

なかなかデザインも格好よく、スマートなカバーだと感じました。

ただ、磁力はホワイトボード本体と似たようなものなので、ガッチリくっつくわけではなく簡単に外れます。

意図的に作られているのでしょうが、簡単に外れるのが良いどうかは意見が分かれるところでしょう。僕はカバー同士は外れないようにして欲しかったと感じています。

また、当然ですが、カバーとしてしか使えませんから、約2000円の値段はちょっと高めかな…と。

まあ、持ち歩く際にこれがあるのとないのではドヤ感が違いますから、持っているのを自慢したいなら、絶対に購入をおすすめします(^^)。

 

以上、ご参考まで。