EOS Mマウントのマクロレンズ “EF-M 28mmF3.5”について語ってみる

スポンサーリンク




Pocket

EOS KISS Mを買うのと同時に購入したのが、

このマクロレンズでした。

事前に店頭で触ってみて、そのすごさはわかっていました。

Canon 交換レンズ EF-M28F3.5 マクロ IS STM
by カエレバ
スポンサーリンク




1、小さくコンパクト

この小さなレンズで、あのような迫力ある映像が撮れるとはとても思えません。しかも、操作性もものすごくスムース。使いやすいです。

2、超寄れる

当たり前ですが。

今まで、この寄れるレンズを持っていなかったので新鮮です。ここまで寄れると気持ちいい。用もないのに触ったりしています。

3、標準レンズとしても

F3.5と明るいレンズではないので、多少苦しいところはありますが、
35mm換算約50mmの画角は、立体的な絵を表現するにはもってこいのレンズです。

ワンポイントリリーフの投手のような存在。

ビシッと締めてくれます。

まとめ

動画を作ってみたので、参考にしてみてください。

どんな映像かは実際に見てみるのが一番。

非常にいいレンズのご紹介でした!!

スポンサーリンク
スポンサーリンク



スポンサーリンク



follow us in feedly

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ



スポンサーリンク
スポンサーリンク