カメラ

歩きながらミラーレスカメラで”ブレずに”撮影する方法 〜手ジンバル撮影のすすめ〜

今まで動画撮影って

こんな風に液晶をのぞきながら、そして、脇を固めて撮影すれば、ブレずに安定して撮影できるのではないかと思っていました。

こんな風に液晶を開いて撮影するのが格好良いしスマートだと思っていました
こんな風に液晶を開いて撮影するのが格好良いしスマートだと思っていました

 

ところが、

ハッとひらめいたのが、こちらの動画です。

KentoonVlogでケントさんが、師匠のDrikinさんに手ジンバルのやり方について教えてもらっている映像です(開始50秒くらいにDrikinさんが撮影しながら歩いてくる映像が現れます)。

 

 

手ジンバルは理にかなっている

 

なるほど
ファインダー越しに顔にカメラを固定しながら撮影すれば、
当然のことながら非常に安定した動画を撮影できるわけです。

目は被写体を追っているのですから、顔に固定させるやりかたは非常に理にかなっています。

そのへんのところを実際にためしてみたのが、こちらの動画

やりかたはこうです。

 

テレビカメラマンや映画のカメラマンがファインダー越しに撮影しているのは、ひょっとすると焦点を合わせる以外に、ブレない動画を撮影するための知恵なのかもしれませんね。

 

 

まとめ

 

まだまだ、修練が足りず、撮影すると周辺域はブレていますが、今後の慣れ次第ではもっと良い映像がとれるようになるのではないかと思っています。

それと、この方法を採り始めてEOS KISS Mのブレ補正機能が効き始めたのか「こんにゃく現象」に遭遇するようになりました。

やっぱKISS Mは動画のブレ機能は弱いのかもしれません…。

いざ!創らん 主筆
この記事を書いた人のプロフィール
大学卒業後、某金融機関に就職。ノルマノルマで明け暮れる日々を過ごすが、ただ闇雲にマニュアル人間のごとく仕事をするのが嫌になり転職。

どうやったら著名なクリエイターのように優れたものを創ることができるのか、どうやったら素晴らしい仕事をやり遂げることができるのか、

それを模索するためにこのブログを立ち上げました。

いろんなトライアルを繰り返しながら、みなさんに共有できるノウハウを記事にしていけたら、と思っています。