さあ、何をつくろうか!
スマホ・タブレット攻略術

360.Lifeで絶賛された「Neewerスマホスタビライザー」を試してみる!!超格安でスマホをグリップできるスグレモノ

 

スマホで動画撮影する際、歩きながら、動きながらの撮影だと、どうしても不安定で映像がブレがちです。それを防ぐ目的でスマホをガッチリグリップするために使うツールとしてスマホスタビライザーという製品があります。

プロの写真家も御用達で使っているツールらしいのです。

商品自体(僕が買ったものとは別のモノ)はYOUTUBERドリキンさんがレビューしていたので知っていたのですが、なんせ5000円前後と結構お高い。とても手が出ませんでした。

 


 

 

そんな時、360.Lifeという評価サイトで、たった1599円で買えるリーズナブルなスマホスタビライザーがあると紹介されているのを発見しました。

 

http://the360.life/U1301.doit?id=4685
 

これですね ↓↓↓

 

確認すると、なるほどAmazon’sChoiceにも選定されている人気商品のようです。

ならば試さずにはイられません!

 

 

こんな製品です

製品自体は非常にこじんまりとした梱包で届きました。

 

シンプルな製品で、スマホを固定するホルダーと手でガッチリ握るグリップ、それとストラップの3点セットです。

 

 

特徴は

 

この製品の特徴としては

・水準器が付属しているので、映像を水平に保ちやすい
・軽すぎず重すぎずちょうど良い重さ
・ストラップが付属し、グリップ力がアップする
・スマホホルダーがねじ式になっている

という点でしょうか。

特にスマホホルダーは安物は(100均にも売られている)バネ式が多いのですが、これはネジをグリグリ回して固定する方式で高級感があります。

 

以下、僕が実際に使ってみて感じたことです。

 

1,十分にグリップできてバランスが取れた製品

 

評判通りです。スマホをガッチリグリップできるので、歩きながら撮影したり、アングルを変えて撮影するさいに活躍してくれそうです。

これ意外の製品は持っていませんが、十分だと感じました。

ただ、勘違いしないでほしいのですが、がっちりグリップはできますが、ジンバルのようにヌルヌルの映像が取れる訳ではありません。あくまで安定して使えるということです。

そこは誤解のないように願います。

 

2,いろんな用途で使えそう

 

三脚などで使えるネジ穴がいくつかついているので、いろんな用途で使えそうです。素材として考えると非常に有用です。

赤丸したところにネジ穴が空いているので、ここを使っていろいろ応用できそうです。
G7Xmark2に流用した図
小型三脚をつけて立たせてみた図

 

ナイスです。

 

3,ストラップが意外に使える

 

紐のようなストラップが付属して、グリップ部分に留めて使うのですが、これが

指に絡みやすく、安定感を増すのに一役買ってくれます。

 

 

感触も悪くないです。

この部分をズボンのベルトに引っ掛けて、いつでもスタンバイできるように持ち歩きもできます。フィールドワークで活躍してくれそうです。

 

4,ネジ式のスマホホルダーは高級感がある

 

先程も説明したように、このスマホホルダーはスマホを固定するのに、バネ式ではなくネジ式が採用されています。

 

 

実は、マンフロットのバネ式のものも持っているのですが、

 

左がマンフロット 右が本製品。大きさがかなり違う。

 

比較すると

ネジ式の利点としては、

  • 挟み込みの強さを調整できるので、スマホに優しい
  • スマホの取り付け・取り外しがスムーズ
  • バネ式はバネの伸縮力がなくなると使えなくなるが、ネジ式はそれがない

というようなことが挙げられます。

反面、欠点としては

  • ホルダー自体がやや大きめ
  • ネジを回してもちょっとづつしか動かないので、大きさが違うスマホに取り替えた場合は時間がかかる

こんなことが想定されます。

個人的には高級感があるのでやはりネジ式のほうが好みです。

 

スタビライザーとして使えるのか?

 

で、肝心のスタビライザーとしての機能ですが、確かにスマホを手に直でもって撮影するよりもグリップしやすくはなります。また、水準器がついているので、静止画を撮影するには効果がありそうです。

 

 

ただ、

これが活躍するのは最初に書いたように

  • 歩きながら撮影する
  • アングルを変えて撮影する

 

こんなシチュエーションの時です。

それ意外は正直、スマホを直接持って撮影すればコト足ります。

なので、YOUTUBERやブロガー、プロの写真家の方には重宝するでしょうが、一般人は旅行やレクレーションで使う意外はあまり出番はないかも、です。

 

 

まとめ

 

いずれにしても非常にコスパの高い製品であることは間違いないので、もしこういう製品に興味をお持ちであればおすすめしたいと思います。

なにせマンフロットのスマホホルダー単体の値段と、こちらの3点セットの値段がほぼ似たような値段(今現在1200円前後です)なのですから。

いかにお得かが分かると思います。

 

 

 

 

こちらは僕が今回購入した製品

 

ドリキンさんが紹介されていたプロフェッショナルタイプがこちら。

 

プロフェッショナルタイプの進化版がこちら

 

こちらは販売代理店のコペックジャパンさんのサイトです。↓↓↓

Shoulderpod S1-プロフェッショナル用スマートフォングリップ