胸ポケットに収まりそうな超小型のジンバル一体型カメラ「Dji Osmo Pocket」 。その概要を調べてみました! 買いたくなってしまう一品です。

スポンサーリンク




Pocket

うーん。うなりますねー。

新しく発売されるDJIのスタビライザー一体型カメラ。12月中旬に発売されます。45千円程度と結構安い。

先日、Gopro7を買ったばかりですが、欲しくなってしまいました。

【国内正規品】 DJI OSMO POCKET (3軸ジンバル, 4Kカメラ)
DJI (2018-12-15)
売り上げランキング: 39

スポンサーリンク
スポンサーリンク




その魅力とは

ジンバルとカメラが一体化されてなんと116gという超軽さ、大きさもスマホと変わらない。

それと

Gopro7のブレ補正は確かに強力なのですが、

その弱点は、水平方向を維持するのが難しいことです。

かなりな数の動画を撮影しましたが、斜めになっている動画の多いこと^^;。これだけでちょっと見るに堪えないこともあります。

僕は基本手ぶらでシャツやバックパックに固定して撮影しているので、蓋をあけてみるとこういうケースが多いのです。

ですが、ジンバル一体型のカメラならその弱点を克服できる可能性が高い。

このDJIポケットは胸ポケットに放ったままで精緻な映像を撮影できる可能性を秘めているのです。

仕様を調べてみた

カメラのことは詳しくないのですが、特に画質が気になります。

大雑把に仕様を比較すると。こんな感じ(あくまでアバウトです……)。

  Osmo Pocket Gopro Hero7 Black
重さ 116g 116g
大きさ 121.9☓36.9☓28.6mm 62.3 ☓44.9☓ 33mm
センサーサイズ 1/2.3 Cmos 1/2.3 Cmos
FOV 80° F2.0 122.6°  118.2°  85.5°  ※
最大ビットレート 100Mb 78Mb
解像度(写真) 12MP  12MP
最大駆動時間 2時間20分  1時間30分

※水平画角を記入。設定により変わるので参考値とお考えください

両者とも結構似ていますね。

Gopro7の画質はかなり綺麗なので、この仕様からするとOsmoPocketも期待しても良いように思います。

取扱説明書を見てみると

クイックスタートガイドもダウンロードして見てみました。

DJI取扱説明書より転載

これから推測するに

  • バッテリーの取り外しはできないようです(たぶん)。劣化した場合は恐らく修理対応となるのでしょう。
  • 本体に三脚穴がないので別途アクセサリーを購入して取り付ける形になるようです。まあ、小さいのでそのまま引っ掛けたり、括ったりってのもありでしょう。
  • マイク穴は2つあるようなので、ステレオで記録されると思われます。

YOUTUBEの動画で検証

既にたくさんのサンプル動画がアップされてます。

いや、速い!

参考になる動画をピックアップしました。

 こちらは本家DJIの紹介動画

 DJI担当者のデモンストレーション

アクセサリーをどうやって使うのかがわかりやすい。

 GoproHero7との比較動画。

視野角、画像の質などよく分かる。

動画からわかることは

  • 視野角は80度固定のみのようで変更はできないっぽい。
  • そのせいでGoproに比べて対象物が拡大されて大きく映る。画質の好みはGoproでしょうか。

※あくまで推測です。

最後に

かんたんなレビューでしたが、いかがでしょうか。

大まかなカメラの概要はわかると思います。残念ながらジンバルは使ったことがないので、あくまで推測でしか話せないのが残念です。

まあ、しかしここでどんなに調べたとしても実際に使ってみないとその真価は分からないわけで、後はレビュー待ちといったところです。

興味のある方はぜひ、検討してみてください。

僕も熱烈に検討中です。

ご参考まで。

予約受付中です↓↓↓

【国内正規品】 DJI OSMO POCKET (3軸ジンバル, 4Kカメラ)
DJI (2018-12-15)
売り上げランキング: 39
スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




継続して購読しませんか!

follow us in feedly

関連コンテンツ