さあ、何をつくろうか!
こんな本を読んでみた!

ストックとフローでとらえるノート術 『「超」整理法」を再読して考えたこと②』

 

先日、超整理法を再読してみた、という本の記事を書きました。

【ブックレビュー】『「超」整理法 野口悠紀雄著』を再読して考えたこと!〜情報管理の基本はコレだった〜 「押出ファイリング」というやり方で書類(はがき、請求書、パンフレット、取扱説明書など)を整理し始めてもう10年ほど経ちます。 ...

情報をどう扱っていったらいいのか、そのツールはどうあるべきか、いろんなことを考えさせられた本でした。

 

でも、どうしても納得いかないことが……。

 

 

超整理法によると、情報整理の基本は2つ。

 

・時系列に整理する
・パソコン検索を活用する

 

つまり、ノートやメモなどのアナログツールを有効に活用するには時系列で保管するしか選択肢がなかったわけで。

それはある意味、システム手帳やルーズリーフノートといったページ取替可能なツールの否定に通じるものではないのか?

と言った点でした。

しかし、現実にはこれらのツールも便利に使えているわけで。そのあたり、どう考えたら良いのか。

 

 

終わったら廃棄する

 

結局、考えた末に行き着いたのは

 

終わったら廃棄すればいい。

単純なことでした。

 

つまり、システム手帳やルーズリーフノートというのは、あくまでもテンポラリー・ツール(一時的なもの)であって、終わったら気に入ったフレーズやメモをどんどんパソコンや時系列ノートに転記していって、廃棄していく。

こう割り切って使えば、情報は混雑せずに時系列ノートやパソコンにどんどん集約されていくわけです。

 

非常にシステマチックですよね。

これをストックとフローの関係でまとめるとこんな感じ。

 

 使い方使用後
ストック・ノート時系列で記入する一冊固定永久保存
フロー・ノートテーマごとなど任意複数を使いこなす廃棄

 

 

 

思考の整理術

 

じつは、このやり方、この本の中にもオリジナルがありました。

【ブックレビュー】外山滋比古著「思考の整理学」 どのようにしたら先生の手法をマスターできるのか考えてみた!その昔、「東大生に人気」ということでベストセラーになったのが、外山滋比古先生の書かれた本書、「思考の整理学」という本。 思...

この本「思考の整理学」によれば、システム手帳やルーズリーフ、A4で書いた落書き、小さなメモ、これらはすべて一次ノートになるわけで

時系列ノートは二次ノート。

 

面白い!

これでアイデアがどんどん湧き出していくような錯覚さえ覚えます。

 

まとめ

 

とまあ、自己満足的な記事になってしまいましたが。個人的には大きな進展だと思っています。

今まで、

クリップブック、無印のリングノート、TEFRENUなど斬新なツールに手を出していっては、それぞれ便利につかってはいたものの、情報が散逸してバラバラになってしまった状態でした。

それをどうまとめるか?

ずっと悩んでいましたが、

解決です。

 

頭の中を超シンプルに纏めることができました。

いや、爽快!!

 

 

 

「超」整理法―情報検索と発想の新システム (中公新書)
野口 悠紀雄
中央公論社
売り上げランキング: 130,578

 

思考の整理学 (ちくま文庫)
筑摩書房 (2013-08-02)
売り上げランキング: 2,250