iPadセルラーモデルへの買い替えを検討されている方に!考えてみよう?格安SIMで運用するくらいなら高速ルーターとモバイルバッテリーの組み合わせの方が断然おすすめ!

スポンサーリンク




Pocket

春先に新型iPad(2018)のWi-Fiモデルを購入したのですが、セルラーモデルに買い換えようかと真剣に検討した時期がありました。

出先で調べ物をする際に、いちいちiPhoneにテザリング接続するのが面倒なんですよ。なかなか繋がらないこともあるし。

セルラーモデルならサクッと調べることができるじゃないですか。

一時は購入寸前までいったのですが

最近になり、無理にセルラーモデルに買い替えしなくて良かったと思いなおしました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




WIMAXをスリープレスにして使う

Wimax端末を持ち歩くようにしたのです。

途中でスリープしない設定にして、常時電源はオンにしています。

このやり方ならiPadが常時接続した状態になるので、いつでもサクッとネット利用が可能になるのです。

このスリープしない設定にする、というのがミソで、

この設定で運用できることに気づかなかったのです。

WIMAXを常時オンで持ち歩くことのメリット・ デメリット

改めて冷静にこの運用方式のメリットとデメリットを考えてみました。

メリット

1,格安SIMより断然スピードが速い

Wimaxは平均で20Mbpsのスピードは余裕で出ています。この数値ならストレスなくネットサーフィンできるレベル。

でも、もしこれがiPadのセルラーモデルに格安SIMを入れて運用していたら、2Mbps程度のスピードにガッカリすることだったでしょう。

明らかな違いです。

WiMAX2+ 1周年!! 非常に安定して使える端末であることを実感!!もうスピードが遅いとは言えませんね!
いつの間にかSO-NET(WiMAX2+)に加入して1年が経過していました。 Wimax自体はそれ以前から使ってますから、使い始めて、じつはもう10年以上になります。 以前は、途中で電波が繋...

2,容量を気にせず利用できる

格安SIMだと基本は2GBとか5GBなどの容量制限があります。それをオーバーするとガクンとスピードはダウンしてしまいます。

WIMAXの使い放題プラン(月額4000円ほど)は20GBどころか月に100GB利用してもまだ高速通信可能です(3日で10GBという制限はありますが)。

Youtube動画も容量を気にせず、外出先で視聴できるようになります。

3,iPad以外のパソコンでも使える

セルラーモデルを購入しても、基本それはiPadでしか使えません。一緒に持ち歩いているパソコンでも通信を利用したいならテザリング等で利用せざるを得ません。

でもWiMAXなどのデータ端末なら、パソコンでもスマホでも複数台で即同時利用が可能です。

4.手間が全くかからない

朝、出がけに電源を入れて、あとはバッグに入れっぱなしです。

帰宅するまで端末に触れさえしません。

5.自宅でも外出先でも

WiMAXの使い放題プランなら外出時だけでなく、自宅でもこの端末一つで運用ができますから、状況次第では別途光回線など引く必要がなくなります。

デメリット

ネックとなることも考えてみました。

1,持ち歩く端末が増える

小さく軽いとは言え、端末は端末です。同時にモバイルバッテリーを一緒に持ち歩くとかさばりますし、重くなります。

2.WiMAXの場合、通信できないエリアも

WIMAXはその通信の特性上、郊外や電車の中、駅ナカ、ビル中など利用できないエリアがあります。これは避けられないことで、

ま、その際はスマホのテザリングを利用するしかないのですが、これが一番痛いデメリットかもしれません。

※とはいえ、Wimax2+になり通信できないエリアはかなり減っているようです。

3,GPS機能はやはりセルラーモデル

iPadでGPS機能を満喫しようとするならやはり、セルラーモデルのほうが勝ります。これはどうしようもありません。

バッテリーの持ち

スリープレスの常時オン運用に切り替えてから3ヶ月ほどになりますが、昼休み1時間と朝夕30分程度の利用で、ほぼ帰宅する7時ごろにバッテリー残がゼロになることが多いようです。

朝8時に家を出ているので、概ね12時間弱というのが実際の目安でしょうか。

これに通信時間が長くなると、さらに持続時間は短くなるので、やはりモバイルバッテリーはあったほうが良いです。

こんな感じでモバイルバッテリーとWIMAX端末をセットでバッグの中に放り込んでます。これだと安定して充電できます。

モバイルバッテリーにはUSBケーブルが埋め込まれていて便利です。

参考に、

所有しているWIMAX(Next WX03)のバッテリーの持続時間についてはこんな仕様です。

  連続通信時間:6時間20分
  連続待受時間:45時間

※いずれもバッテリー節約しないモードで利用した場合

Speed Wi-Fi NEXT WX03│超速モバイルネット WifiサービスはUQ WiMAX

2年前に契約した端末でバッテリーもだいぶ劣化しているでしょうから、概ねこの半分程度が実際の運用時間だと感じています。

最近のモバイルバッテリーは
薄型で軽いものが増えてきていますから、そう負担にはならないと思います。

ケーブル付きで薄型のものは今は販売されてないようです。今ならこんな製品がおすすめでしょうか(この用途なら5000mA未満でも十分です)。

Amazon’s choiceの人気商品のようです。

まとめ

どうでしょうか?

当然ですが、お金に余裕があるならセルラーモデルを買ったほうがいいです。端末の拡張性や性能はセルラーモデルが良いのは自明のことですから。

ただ、

もしiPadを既に持っていて、ネット接続に不満で買い換えたいと思っている。しかも格安SIMで運用しようと思っているなら、

僕のような形で運用したほうがかえって快適に利用できる可能性があるということです。

余ったお金は別の投資に使ったほうがいい。

なお!

以前の記事にも書いたように、もしWimaxを契約するなら今はNiftyがおすすめです↓↓↓

ご参考に……。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




継続して購読しませんか!

follow us in feedly

関連コンテンツ