無印良品のA6ノートが絶妙に使いやすい!

スポンサーリンク

最近のお気に入り。

それがこの無印良品のノート。

IMG_0002

無骨過ぎるノート!ですが……。

昔から販売されているので、使っておられるかたも多いのではないでしょうか。
僕はもう1年以上前に購入していながら、使い出したのがやっと1ヶ月ほど前。
無骨で地味で6mm横罫用紙で、特徴のないノートをどう使ったらいいのか分からず机の奥にお蔵入りしていました。

スポンサーリンク

どこが良いのか

使いだし始め

なぜ使い出したかというとSeriaのA6ノートの保存用に向いていると思ったから。

IMG_0008

セリアのノートを貼ってみたところ。内容はぼかしてます。ご容赦ください。

僕が使っているSeriaのノートはどれも切り込み線から書いたノートを切り外せるようになっているタイプ。

だから、書いて気に入ったらどこかに貼り付けて保存しているわけです。むろん、それはA5のClipbookだったり、A4のレポートパッドだったりとまちまちではあるものの、やはり僕はズボンのポケットに入るA6サイズが一番使いやすい。

たとえば本屋さんやデパートや家電店で、アイデアがひらめいたらすぐにズボンの中に入れているこのノートを参照できます。
実はミドリのMDノートにしようか、コクヨの(どこのもある)A6ノートにしようかさんざん迷ったのですが、最終的にはこの無印のノートに落ち着きました。

なぜこれが良かったのか。

1.表紙が適度に堅い

表紙が薄いとズボンにいれていると簡単に折れ曲がったり、そこで破れたりしがちです。ですが、この無印のノートは表紙が厚紙で簡単に曲がらないし、かといってモレスキンのようにガチンガチンの堅さではなく使い込むうちに柔らなくなり手になじんでくる。

IMG_0007

絶妙の堅さだと思います。堅すぎず柔らかすぎず……。

どうも雑にポケットに入れて使い倒しているうちに柔らかくなったようで、それが幸いしたようです。

2.安い

税込み250円です。72枚のノートがこの値段というのは良いんじゃないでしょうか。
以前紹介したMDノート。こちらは73枚で600円します。こちらの製品も非常に良い商品なのですが、値段が高いのが玉に瑕で、
僕の場合、貧乏性のためか高いノートだと敷居が高くなりどうも気安く書こうという気になれないみたいなのです。

IMG_0003

3.紙質が良い

「滑らかな書き味のノート」がキャッチフレーズと言うだけあって、シャープペンで書いても万年筆で書いても書き心地は非常に良いです。裏移りすることもありません。

IMG_0009

縫製やのり付けもしっかりしており、ページも非常にめくりやすいのが特徴です。

4.絶妙の厚さ

本棚に収納したときも厚みがちょうど良く、薄手の文庫本のようです。

IMG_0005

IMG_0006

背表紙には恐らくテプラでタイトルも貼り付けられそうですから、これだと保存用のノートとして持ってこいではないでしょうか。

最後に

見たら分かるように表紙色がクロでなんかシンプル過ぎて無骨で無愛想なノートだと思っていたのですが、時間が経つにつれ、この無骨さシンプルさが妙に居心地よく思えてきました。恐らく実用性との裏返しだったのでしょう。

何の変哲もないノートですが、使いやすいことこの上ない製品です。
無印の製品で初めてお気に入りになりました。是非、このノートだけはいつまでも製造を続けて欲しいものです。

おすすめのノートです。

ミドリ MDノート<文庫> 方眼罫
デザインフィル
売り上げランキング: 722

関連記事‼︎

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加