A5サイズのシステム手帳(Filofax) ClipBOOKが使いやすい!

スポンサーリンク
 
Pocket

ちょっと変わったシステム手帳を購入してしまいました。

GR020006

手触りが非常に良い!

あのファイロファックス社が作った製品で
ClipBOOKと言います。

A5サイズのシステム手帳で、
非常に薄くて軽くスマートです。

GR020012

A5の割には小さく感じます

いままで、A5のシステム手帳といえば、ゴッツくて重く、大きくて使いづらいというイメージしかなかった僕は店頭で即買してしまいました。
(4200円+税)

どういう製品なの

一言でいうとシステム手帳とノートの融合、だとメーカー側は言っているようです。
フィールド(野外)での使用を念頭に開発されているとか……。

特徴としては

・薄く・軽い
・折り曲げて記入できる
・バインダー部分にペンを収納できる
・リングの開け閉めは直接リングを引っ張って開ける

この4つで、

なるほどノートのように気軽に開け閉めできて、なおかつページも容易に差し替え出来る点、ノートと手帳の融合なのかもしれません。

GR020008

ペンが2本くらい挿せます

GR020018

このように折り曲げて使うこともできる

GR020015

開閉のノブのようなものは無いので、直接クリップを開いてあけます

ただ一点だけ難を言えば、

机の上で書く際、バインダー・リング部分が結構厚いので、それが段差となって左右どちらかのページが若干書きにくくなります。

GR020022

机の上で書くときは、右側のページは平らなのですが、左側はこのようにやや書きにくくなります。まったく書けないわけではないですが

まったく書けないわけではないのですが、この部分で好き嫌いが分かれそうです。

個人的には肌触りも良いし、ページもめくりやすいし、今のところ大変気に入っています。

GR020024

手帳の中にはいっている説明書のようなもの。使い方がこれでわかります

最後に

今のところスケジュール管理はすべてスマホでやっていて問題ないので、この手帳は情報管理に使い倒したいと思っています。

システム手帳では紙面が小さくて量が足りないし、
A4のルーズリーフではちょっと大きすぎて、何か特別なことでもない限り見返したりしたいと思わないので、

こういった手頃な大きさで使いやすそうな手帳をさがしていたのです。

さて、うまく行くかどうか……。

ちなみに
この製品、LOFTで購入したのですが、後で調べてみると、輸入品だったようで、Amazonで調べると並行輸入品しか置いてありません(値段も若干高い)。

ファイロファックス専門店(日本)では置いてあるようです。

ご参考まで。

クリップブック 半透明 バインダー A5 Purple ファイロファックス filofax バインダー 023614 システム手帳 ダイアリー ノート 〔並行輸入品〕
Filofax
売り上げランキング: 233,136

関連記事‼︎

スポンサーリンク
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加