仕事術

仕事が出来る人になるなら、やっぱホワイトボードでしょ!学研の「Write White」というB6サイズのホワイトボードの威力とは?

またまた新しいホワイトボードを購入してしまいました。
B6サイズの大きさの、ありそうでなかったホワイトボード。

やはり、ホワイトボードって非常にお役立ち度の高い製品だと思うのです。

自宅にあるA3サイズやA2サイズのホワイトボードに向かうと、

なぜか不思議と頭が回転し、いろんなアイデアが浮かんできます。

机に座ってパソコンを前にウーン、ウーンと考えても、何も出てこないこないのに、ホワイトボードを前にすると、状況が一変してしまう不思議

ということで、ホワイトボードに魅せられている僕は、いろんなサイズのホワイトボードを取り揃えているのですが、
B6サイズのノート式のホワイトボードってのは初めてで、興味津々なのでした。

ご紹介してみましょう。

概要

 

仕様としてはこんな感じ

・金額 800円+税
・B6サイズシート 3枚  6ページ(※両面記入可能)
 カバー裏面を使えば8ページ利用可能
・透明シート4枚付属
・ゴムひもでバラけないようにノートをまとめることができます。
・専用ペンシル1本付属 (0.8mm 黒色)

外 観

裏面はこんな感じ。

なお、半円の黒いのは滑り止めで、立てても使える仕様です。

 

各ページはまっさらの至ってオーソドックスなホワイトボード。罫線や方眼なタイプではありません。

間には透明シートが入っているので、書いたページ同士が触れ合って文字が消えないようになっています。

このへんの仕組みは以前紹介したNuboardなどと同じ仕組みです。

インプレッション

以下、使っていて感じたことです。

1,絶妙なサイズ感

 

やっぱこのB6サイズっていうのが良いですね−。

左上A4バタフライボード 右上A6リングノート 左下本製品 右下A5バタフライボード

 

よく、暇を見つけてはカフェに仕事をしに行くのですが、そこではA4サイズもA5サイズのホワイトボードも、なぜか出して使うのが恥ずかしくって
使うのを躊躇するのですが、

なぜかこのB6サイズだと気になりません

ノートタイプになっているのも一つの要因かもしれません。

2,オーソドックスなスタイル

 

まっさらなホワイトボードで、地味で特に特徴があるわけではありませんが、そのシンプルなところが、

良い仕事をしてくれそうな予感がします。

 

3,消しゴム付きのキャップはナイス

 

上がバタフライボード専用0.5mmペン。下が付属の0.8mmペン

 

小さなホワイトボードなので、極細ペンでないとマッチしません。付属のペンは0.8mmですが、以前購入していたバタフライボードの0.5mm極細マーカーもバッチリ使えます。

なんと、付属ペンの消しゴム付きキャップは、バタフライボード用のペンにもピッタリ挿せます(ただしやや甘いのでセロテープで補強しています)。

流用できて良かった。
なお、学研さんのこの付属のペンは追加購入はできないようです。

 

4,歪み発見

右上が若干浮いているのが分かるでしょうか。多少歪んでいるようです

 

残念ですが
ボード自体に歪みがあるのを発見しました。
机の上に置いて押すと多少ガタツキを感じます。

押さえつけなければ書くこと自体は問題なくできはしますが、紙製なので湿気などに注意が必要のようです。

あとがき

A4サイズのノート式ホワイトボードは、サイズが大きいのでどこでも使えるわけではありませんが、

このB6サイズならどこでも気軽に使えそうです。

ただし、ガッツリ考えるというよりも、スケジュールを検討したり、ささっと要点を拾い上げたりなどの軽作業向きです。

値段も安く、コスパに優れた良い商品だと思います。

 

 

いざ!創らん 主筆
この記事を書いた人のプロフィール
大学卒業後、某金融機関に就職。ノルマノルマで明け暮れる日々を過ごすが、ただ闇雲にマニュアル人間のごとく仕事をするのが嫌になり転職。

どうやったら著名なクリエイターのように優れたものを創ることができるのか、どうやったら素晴らしい仕事をやり遂げることができるのか、

それを模索するためにこのブログを立ち上げました。

いろんなトライアルを繰り返しながら、みなさんに共有できるノウハウを記事にしていけたら、と思っています。