Macbookを使いこなす!

最高傑作マウスを使って3ヶ月が経過しました! ~ロジクールMX ERGOのレビュー~

今までマウスはアップル純正のMagic Mouse2を使っていました。

僕のメインパソコンはMacBook Proなので、当然、互換性の点からも(アップル純正同士なので)これがベストの選択肢だと思っていたのですが、これがとんでもなかったのです。

Bluetooth かなりの頻度で切断してしまう症状が発生するようになってしまって…。

いちいち「接続しました」とか「切断されました」など、出てくるメッセージも非常にうっとうしく、またマウス上で行うジェスチャー操作もなかなか慣れないということもあって、良いマウスがあれば早く乗り換えたいなと思っていました。

そんな時に出会ったのが、この360(サンロクマル)さんの記事です。

なんと家電批評オブ・ザ・イヤーに選出されていて、なおかつ、最高傑作マウスと称されている逸品だと言うのです。

それが、今日、僕が紹介するMX ERGOというマウスです。

購入してもう3ヶ月が経過しましたが

さてさて、最高傑作にふさわしいマウスだったのでしょうか。

 

 

 

 

どんなマウス?

ザクッとどんなマウスなのか簡単に紹介しておきます。

 

(1)トラックボール式マウス

ボールをころころ親指で転がしながら操作する方式です。マウス本体を動かす必要がなく、マウスパッドも不要です。

(2)バッテリー駆動

電池式ではなく、バッテリーを充電して利用するタイプ。1回のフル充電でおよそ120日間利用可能で、一分の充電で24時間利用可能というすぐれものです。ちなみに充電ポートは(残念ながら)Micro-USB端子です。

(3)Bluetooth接続可

Bluetooth接続もしくは、ロジクール社独自の付属のUSBレシーバー(Unifying2.4Ghz)をパソコンに接続して使います。ちなみにBluetooth接続はWindowsMacOSiPadOSLinuxをサポートしています。

(4)デバイス切り替え可能

Eazy-Switchボタンってのがあって、このボタンを押すと2つの異なるデバイスに接続して、切り替えて利用することが可能です。例えば、Macで使いながらiPadと切り替えながら使うことが可能です。しかも切り替えは一瞬です!

使用感

果たして最高傑作マウスの使用感やいかに?

感じたことを印象の高いものから書いてみます。

(1)Bluetooth接続は切れない

安心しました。全く途切れません!

当然といえばそうなのですが、いままで1度も切れたことがないです。

まるで嘘のような安定感。素晴らしい!
MagicMouseのあの症状ってなんなのでしょうか。

 

(2)場所を取らないのが良い

トラックボール式のマウスですから、固定して使えます。机の上が常時とっちらかっている状態な僕にはこれがうってつけ。

普通のマウスだと、わざわざマウスパッドを用意しないといけなかったり、机の上の一定の場所を占拠されたりで、このへんの利便性はトラックボール式はありがたいです。

 

(3)充電式で良かった

買う前は、電池式のほうが良かったのでは?と一抹の不安を感じていました。

というのが、充電式だと数年後はバッテリー寿命がきて使えなくなることが想定されるのですが、最高傑作マウスなのでできれば永久に使いたい。

ならば、電池式を選択していれば、永久に使える可能性がでてきます。

愛用のHHKB HybridTypeSはそれがためにわざわざ意図的に電池式にしていると聞きますから、確かに電池式のほうがアドバンテージが高いように思えます。

でも、よーく考えてみると、どんなに気に入ったマウスでも、5年後、7年後にはより高性能なマウスがでてきて買い替えしてしまう可能性もあるし、Bluetooth規格も新しくなることもあるでしょう。また、マウスのハード面も劣化して使えなかったりすることもあると思うのです。

それに、

今、使っている2013年式のMacBook Airやレッツノートがいまだに使えていることを考えると、今のバッテリー製品の寿命ってかなりの長さが期待できるのではとも思えるのです。

となると、むしろ、交換する電池のストックのことを考えなくて済む充電式はかえって合理的で快適なのではと考えるに至ったのでした。

実際、フル充電で3ヶ月利用可能とメーカーが謳っているだけあって、充電のことをほとんど意識せずに使えています。

(4)カスタマイズできるボタンの数が多い。

専用ソフトが用意されていて、すべてのボタンに特定の機能を割り当てて利用することが可能です。また、一般設定、アプリごと設定も可能で、安定感もバッチリで、カスタマイズしても特に問題は発生したことはありません。

ちなみに僕の設定はシンプルで2つだけ。

①スクロールホイール(一気押し)  Mission Controll(アプリの切り替え)
②プレシジョンモードボタン  LaunchPad(アプリ一覧)

これだけで、かなり快適に使えます。

下図↓

https://www.logicool.co.jp/ja-jp/products/mice/mx-ergo-wireless-trackball-mouse.910-005183.html
より借用しました。

 

(5)人間工学に適した構造

最近のアクセサリーではよく聞くフレーズですが、この製品もそのあたりのことを十分配慮して作られているようです。

実際、握りやすいし操作感も非常に良い。

ちなみに、このマウス、角度調整が2段階に調整できることがキャッチフレーズの一つになっているのですが、ほぼ固定でつかっていて、僕の場合は、この2段階調整は不要でした。

 

イマイチな点

イマイチだなと思える点は1つだけです。

ズバリ! 大きいこと。

最近は慣れたのであまり感じなくなりましたが、最初見たときは大きさに多少威圧感を感じました。

トラックボール式なので安定させるためには、やはりある程度の重さと大きさが必要なのです。

なので外出時に持ち出したりのモバイル用途としてはちょっと使いにくいと思います(そもそも持ち出そうと思ったこともありませんが)。

 

まとめ

 

ということで、最高傑作マウス、気に入って使っています。

非常に安定しているので、もはや空気のような存在で、あるのが当たり前のような感覚です。

360さんの記事はホントでしたね

ただ、トラックボール式は好みが分かれるところで、人によっては操作が難しいと思われる方もおられるようです。購入の際はご注意ください。

 

いざ!創らん 主筆
この記事を書いた人のプロフィール
大学卒業後、某金融機関に就職。ノルマノルマで明け暮れる日々を過ごすが、ただ闇雲にマニュアル人間のごとく仕事をするのが嫌になり転職。

どうやったら著名なクリエイターのように優れたものを創ることができるのか、どうやったら素晴らしい仕事をやり遂げることができるのか、

それを模索するためにこのブログを立ち上げました。

いろんなトライアルを繰り返しながら、みなさんに共有できるノウハウを記事にしていけたら、と思っています。