iPhoneの外付けキーボードでオススメなのは?アップル純生のMagic キーボードだった

スポンサーリンク

ブログの更新とか、仕事のちょっとした文章なら、普段使いはできるだけiPhoneだけで済ませたいと思っています。

だって、パソコンを持って行くと重いですから!

で、

ちょっとした文章ならとにかく、長い文章となるとやはり必要となるのが外付けキーボードで

以前はこういうものも手に入れていたのですが、

iPhoneSEで使う外付けキーボードを購入!「iClever 折りたたみ式Bluetoothキーボード IC-BK03」
スマホではフリック入力でもかなり高速で文字入力することも可能なのですが、やはりキーボード入力にはかないません。 Androidスマホの場合は、Logicoolの大きなキーボードでBluetoot...

途中で使わなくなってしまい。

結局、iPadプロで使っていたMagicキーボードが最適だったと最近気づき始めたのでした。

スポンサーリンク

その理由とは

1、やはりctrlキーの場所が重要

やはり僕にとってCtrlキーの場所って重要でして、WindowsキーボードでもCtrlキーが端のほうにあれば、なんとかブラインドタッチできるだろうとたかをくくっていたのですが、

一応できるのですが、馴染めずに、結局使わなくなってしまったのです。

その点、このMagicキーボードはベストのポジションにCtrlキーがありますから、ドンぴしゃです。

2、キータッチが絶妙で素晴らしい

このへんは個人差があるところですが、アップルの最新のMagicキーボードは僕のフィーリングにドンぴしゃです。

キータッチが浅く、押し込み感があまりなく、キーを叩く、といった感覚です。だからキー入力がスラスラ入力できてしまうのです。

左がMagicキーボード。右がロジクールのキーボード。厚さがかなり違います

かといってタイプミスはほとんどありません。

確実に入力できますし、キーを触った感触が高級感があるから気に入っています。

3、日本語、英語の切り替えがワンタッチ

JISタイプのキーボードを購入したので、「英数」キーと「かな」キーがついていて、押すだけで日本と英語切り替えがワンタッチ。

(ただし、IMEは「日本語かな」の設定にしておく必要があるようです)

USキーボードが良いという人も多いですが、僕はJISの方をオススメします。

4.軽く小さい

230gと軽く、またコンパクトなので、荷物の邪魔になりません。

以前買ったキーボード用のケースに入れて毎日持ち歩いています。

 外付けキーボードは必要なの?

そもそもiPhoneを外付けキーボードで利用するのは邪道ではないかと言われる方もいるのですが、

そんなことはありません。

以前の記事でも書きましたが、今のiOSの日本語変換技術は進歩していて、スラスラと入力出来るレベルに到達しています。

フリック入力であそこまで高速では入力できません。

それに、iPhone入力の1番の欠点である、文字の範囲指定がキーボードがあれば確実にできますから

使わないのはもったいない。

少なくとも持ち歩きができるのであれば、外付けキーボードは持っておくに越したことはありません。

これが僕の結論。

 最後に

荷物が重いと、動くのが億劫になってしまい、行動に制約が出てきます。折角の好奇心の蕾を折ってしまうことにもなりかねません。

そのためにはiPhone一つでいろんなことができる環境を構築して身軽になっておくと大助かりです。

Magicキーボードはそんな時に最適のキーボードだと思います。

関連記事‼︎

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加