考え倒すにはB6メモ術が最強かも!

スポンサーリンク

最近、B6サイズのメモ用紙を使う機会が増えました。

やはり、考えるにはノート式ではなくメモ(カード)式が良いです。

スポンサーリンク

なぜ?

 一番の理由は

まっさらの視点から考え直せることです。

ノートは確かにデータを記録する際には便利です。逐次、該当のメモのところに継ぎ足して書いていくだけデータは確実に充実度を増していく。
でも、思考を深めていく道具としてはちょっと問題。

GR010006

新たな気持で何度でも書き直すのが良い!

なぜなら一回書いた自分のメモは消すことができないので、それに固執してしまい、その視点でしか発想しなくなる。いや、発想さえできなくなる。

それを防ぐには該当のメモを破り捨てればいいのですが、「後でひょっとしたらアイデアの種になるかも」というスケベごころが働いて捨てづらい。
そうするともう悪循環で、ノートを使って考えること自体が停止してしまう。

だからB6のメモ用紙なんです。
見たくなければ束から外して見えなくすればいい。簡単です。

第2の理由。

A4サイズやA5サイズの用紙に1行だけメモるのは気が引けますが、B6サイズならなんら問題がないと思える。
心理負担が少ない

逆に5x3のインデックスカードも1行のメモの心理負担は少ないのですが、でも詳細なメモをそこに記入するのは難しくなる。

B6サイズならある程度詳細まで記入ができて、大きすぎず小さすぎずピッタリの用紙なんです。

第3の理由。

並び替えが自由。

例えばアイデアを発想する場合。どんどんアイデアを書いていくのはノート式でもカード式でも同じなのですが、
データ容量が増えてくると頭の中はカオス状態になり、整理したい欲求にかられてくる。
優先度の高い順にアイデアを並びかえしたいと思う。

でも、ノートではその欲求は満たせません。カードなら一瞬。自由自在に並べ替えができます。

GR010016

並べ替え自由自在!

アウトラインソフトってのがパソコンでは昔から人気です。僕も使っています。しかし、バッテリーの持ち時間に気を使ったり、ソフトの仕様でできないことがあると気が散ってうまく考えに集中できなくなったりする。

紙なら簡単シンプルに閲覧できるし、アウトライン機能を簡単に使える。神経質になることもない。
B6用紙なら手頃な大きさで並び替え取捨選択もあっという間です。

それに細かなことですが、伝票のように多くのメモをめくれる(閲覧できる)のも気に入っているうちの一つです。

伝票のようりめくりながら内容を確認できます。

伝票のようにめくりながら内容を確認できます。

第4の理由

A4用紙に2枚のメモを貼って保存できる。

当たり前そうでこれが地味に便利。 A5用紙だとピッタリ過ぎてはみ出すことがある。
インデックスカードだと中途半端な枚数を貼り付けることになってしまう。

B6用紙だと2枚のメモが適度な余白で貼り付けられる。
B6の用紙って収まりが良いんです。

最後に

まぁ、なんだかんだと理屈をこねくり回しましだが、B6メモは適度な大きさで便利だということです。

実は、昔、システム手帳ブームというのがありまして、その時に京大式カードやB6カード・メモ術も同時に流行りました。当時はB6のルーズリーフやB6のメモ帳もたくさん販売されていました。

幾つかの活用本も出されていました。

例えば、この本。

超「高速」整理術―10倍速く仕事をこなす魔法の習慣 (成美文庫)
壺阪 龍哉
成美堂出版
売り上げランキング: 1,227,481

整理術の本ですが、B6サイズのメモを仕事に活かすことを提案されています。

だから、僕の今やっていることは先祖返りしただけですが、改めてその効用に思い知らされているのです。

それと、欠点は保存に難点があること。
小さいサイズのクリップで束ねていますが、机の上でないと作業できないのはちょっと困りモノ。バラバラになってしまうこともある。

GR010007

小さなクリップではやや不安定なところもある……。でも大きなクリップは使いたくないし。

B6用紙自体が街の文具屋さんから姿を消しかけていますし。

しばらく使い続けてみます。

関連記事

QuickRESを使い始めたら11インチのMacBookAirが劇的に使いやすくなった!!...   凄いアプリを見つけてしまいました!   その名は、「QuickRES」。   ご存じの方は知っておられる有名なソフトですが、はじめての僕には、こんなアプリがあったのか!!と思えるほど画期的な凄いアプリ。 そんなMacソフトの紹介で...
A4用紙に落書きするのにピッタリな道具達!  Vコーンとセキセイのクリップボード。... 僕にとって考えるとは… 「落書き」 そのものです。 落書きでテーマの要素、キーワードなどあらゆることを書き散らかしながら考えを広げていき、行き着くところまで広げてから、ようやくまとめていくというやり方をとっています。 ですから、ときには同じテーマで何十枚も書き散らすこともあります...
ミニマムなシステム手帳 LUFTをレビューする...   店頭でこの製品を見た時驚きました。 A5サイズのシステム手帳ClipBookと同じように、手帳カバーになにも装飾がなく、名刺入れもカードケースも手帳バンドもなにもないすごいスマートな手帳だったからです。     ...
Scrivener のiOS版を使ってみた!外出先で立ったままの執筆が可能に!!... https://www.literatureandlatte.com/scrivener_ios.php   iPhoneSEを購入して一番やりたかったのが、Scrivener というアウトラインエディターを使って 外出先で文章の執筆をすることです。 本格的なア...
【書評】最後まで仕事をやり上げるための本 !!「なぜ、あなたの仕事は終わらないのか」中島 聡 著... なぜ、あなたの仕事は終わらないのか スピードは最強の武器である posted with amazlet at 16.11.02 中島聡 文響社 売り上げランキング: 1,272 Amazon.co.jpで詳細を見る   著者は米...
【レビュー】ポメラDM200のアウトライン機能が素晴らしい! いろんなことに応用できそう。...   気になって気になって仕方がなかったので、家電店で実物を見たり、 YOUTUBEやあちこちのブログレビューを参考にしながら動作・機能を確認したうえで 納得してポチリました。 4万ちょっと。結構値下がりしてましたね。   で、とうとう我が家...
iPadプロ(12.9inch)を仕事に活用する!  アップルペンシルを活かしてこそ創造的な仕事がで...   ここ2週間ほどiPadプロを毎日のようにいじり倒しています。   ウエブサーフィンはばりばりとできますし、視認性抜群で情報収集は確かにはかどります。PDFを一覧表示するのも見やすくて、やりやすい。 YOUTUBEは音が素晴らしく聞こえ、ワクワクしま...
ブログの下書きにWorkflowlyを利用するようになりました!...   このブログ、できれば毎日更新したいとおもいつつも、やはりしょうもない記事を書くのも嫌なので、ついつい更新に時間がかかっているのが実情です。 で、悩むのがやはりネタの整理。   常時、10個くらいネタとしてはストックしているのですが、実現できるの...
iPad PRO12.9インチにコスパ抜群のケース発見!これはオススメかも。...     12.9インチのiPadにはケースが必須です。   大きくて重いので裸の状態で手で持つと疲れますし、落っことしそうになります。 さらに、画面が大きいので上から何か落下して液晶が割れてしまいそうな恐怖感に駆られやすいです。 &nbs...
A7タイプのメモ帳でアイデア出しが捗る!...   最近、こういうメモ帳を使うようになりました。   ロディアで有名になったあのA7タイプの小さな切り取りタイプのメモ帳です     マルマン メモパッド スリーフィート 方眼罫 A7 ネイビー 10冊パック...
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です