Apple Pencilは充電しながら使えないことがわかった!充電ケーブルと付属品を購入してみたのだが……。

Pocket

時々ですが、Applepencilをハードに使うときがあります。

その時の電池の持ちはだいたい連続使用で8時間くらい(感覚的なものですが……)。いずれにせよ、丸一日持ちません。途中で充電が必要です。

iPadに挿しこんでおけば、「15秒のチャージで30分ほど使える」というのがウリではありますが、面倒くさい。30分たったらまた充電しなくてはいけないわけです。

そんな面倒なことをしたくないために

購入したのがこれ。

目的は充電しながらアップルペンシルを使うことです。

安い

いつものようにAmazonで購入。なんと値段は1000円。それもキャップ付きです。

1,ApplePencil専用充電ケーブル
2,ApplePencilのキャップカバー
3,充電アダプターの紛失帽子カバー

この3点セットでこの値段だから安いです。

僕はApplePencilはペンホルダーを付けて使っていますし、Penアダプターは専用充電台の方に使っているので、2と3は実質上は使いません。

使うのは1の充電ケーブルのみということになります。

ApplePencil専用の充電ケーブル。外で使うにはちょうどいい長さですし、ケーブルも細く軽い。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




大問題が発生?

ところがです。

実際にケーブルを使って充電しながら使おうとしたのですが、どうもApplePencilは充電しながら利用することはできないようなのです。

モバイルバッテリーで充電中の図。このまま利用したかったのですが。

充電しはじめるとiPadが反応せず。充電をやめると途端に利用できるようになります。

ガーン……です。

これでは当初の目的を果たせません。ガッカリ。

悔しかったのでキャップホルダーの方を利用してみました。これはこれで使えそうです。

まとめ

ということでガッカリ賞で、当初の目的は達成することはできませんでした。

Appleには是非今後のOSのアップデートで充電しながらの利用に対応してほしいものです。

ただ、単なる充電はできるわけですし、キャップも将来必要になる可能性もあるしで、安かったのでOKとしておきます。

製品の質自体に問題はないと思いますので、このまま使いはしますが残念。

同じようなことを考えている方もいるでしょうから記事にしてみました。

ご参考に……。

では。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク




継続して購読しませんか!

follow us in feedly

関連コンテンツ



スポンサーリンク
スポンサーリンク