1万円で買える格好良いトラッドシューズ、「ケンフォードK641L」を購入してみた!

Pocket

雑誌のベストバイに選ばれた製品を購入してみるシリーズ。第5弾!!
今回は
1万円で別格と太鼓判を押された紳士靴を購入してみました!!

数足持っている僕の革靴たちも最近はほとんど手入れをしなかったせいか、かなりくたびれてきていて、あまりにみすぼらしいので、まえまえから、買い直しを検討していたのでした。

で、このベストバイの企画です。

1万円前後で買えるリーズナブルな紳士靴の特集記事で
まさに渡りに船でした。

その中で別格に素晴らしいと賞賛されていたのが、僕が購入したケンフォードのK641Lという製品なのです。

IMG 0666

渋い外箱で届きました。

でも、いったいケンフォードってどこの製品なのでしょうか?

スポンサーリンク

 そもそもケンフォードとは

調べて驚いたのですが、実はケンフォードとはあの有名な高級靴メーカー、リーガル社のブランドの一つ。リーガルブランドの中の廉価版がケンフォードというらしい。

リーガルブランドとの差は簡単に説明すると

丁寧に靴底を縫い付ける製法をとっているのがリーガルブランド。糊で貼り付ける製法なのがケンフォード。

前者は靴底が消耗してきたら修理をして何十年も履き続けることができますが、後者のケンフォードは基本は消耗品。
原則修理はできないと考えたほうが良い製品のようです。

まあ、一万円で買える製品ですから、修理費用を考えると買い直しても費用負担はどっこいでしょうから、
問題は品質がどうか……です。

http://www.kenford.jp/content/「k641l」がmonoqlo掲載/

どういった革靴?

早速、その商品を見てもらいましょう。
IMG 0681

非常にオーソドックスな製品というのが第一印象。

IMG 0680

今までのサラリーマン生活で何十という革靴を履きこなしてきましたから、特別にこれという感慨はありません。トラッドで極めてオーソドックスな製品です。

IMG 0675

IMG 0673

モノクロ誌上ではおしゃれで質が良く、ファーストクラスで履いていても違和感はない、との識者のコメントが……(ややチョウチンなのかも?)。

外観で選ぶならこの製品は別格だとの評価です。

個人的には雑誌の評価はちょっと大げさとは思いますが、まあ半分は当たっています。
1万円の靴なのですから、妥当ではないのか。

IMG 0674

REGAL Corporationと書いてある。

これなら結婚式にも、葬式にも、公式な行事に出席しても恥ずかしくは全くないです。

履き心地

肝心な履き心地ですが

まだ、あまり遠出をしていませんので、評価ができる段階とは言えませんが、ほどほど外観が格好良いので、履いていて気分が良いです。

ただ、買ったばかりなので、革は堅くかかとには小さな豆ができてしまいました。

Ashi

くるぶしが当たるのは仕方がない……。

これはどんな靴でも同じなので、慣れてくれば問題はないでしょう。

IMG 0672

履き心地については凄いとまでは言えません。普通です。

IMG 0704

こんなものだと思います。

雑誌企画のもう一つの別格製品

参考までに、モノクロの雑誌の企画で別格扱いで太鼓判を押された品がもう一つあったのでそちらも紹介しておきます。

こちらは外観はともかく実用性(つまり履き着心地)が一品だと太鼓判を押されていました。

ロックポートというアメリカのメーカー(製品はベトナム製らしい)の品です。

あくまで実用重視。
外にでて歩き回るセールスマンにはぴったりの靴で、ランニングシューズとして履いても違和感はなく、疲れずマラソンに参加しても問題ないとの評もあるようです。

ただ、アマゾンで調べると同型の製品は現在販売はしていないようで、
ちょっと
残念!!

最後に

サラリーマンにとって、革靴は消耗品。

どんなに丁寧に使っていても、数年経つと底が浅くなり履けなくなる。

特にセールスマンなら数ヶ月、1年ほどでダメになるのが通常で、高級品は不向きです。

1万円程度のこのケンフォードクラスの靴を4,5足揃えて毎日履き替えて使うのが革靴を長持ちさせる秘訣だと思うので、そのうちの一つにこのケンフォードはピッタリだと思います。

是非、店頭で履いてみてください。
気に入ると思います。

関連記事‼︎

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加