HUAWEI GR5のおすすめケース

スポンサーリンク


1週間ほどまえ、GR5を机から落としてしまい、クリアケースが割れてしまいました。


GR010077

全部が割れたわけではないので、使えないことはないのですが、再度落とすと本体にも影響がでかねないので

ともかく、大急ぎで新しいケースを購入しました。

安物だったのでしかたないか……。

今回は片方がハズレても良いように、Amazonで二つ購入しました。

クリアケースタイプと、フタ付の手帳タイプと2つです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

1、クリアケース型

GR010055

GR5なのにHonorというのは意味不明ですが。


今まで使っていたものとの違いは、ハードかソフトかの違い。
堅いポリカーボネイト製から柔らかいシリコンのTPUケースへ変えてみました。

TPUとは Thermoplastic Polyurethane(熱可塑性ポリウレタン)のことらしく(要はプラスティックなのか……)、手で触った感触は柔らかく、それでいて結構丈夫そうです。

これなら割れることもないでしょう。

GR010089

簡単にグニャリと曲げることができます。

最初に導入したポリカーボネイト製のはミシミシ音がして不安定だったのですが、
今回のは音はしませんし、中にICカードを入れてもソフトに包んでくれるようで、でこぼこもなく安定しています。

手触りも良いし、なによりiRingもばっちり貼り付けることができました。

僕がクリヤケースにこだわるのはシンプルなのと、iRingが使えること。

GR010075

縦に置いて操作できるのがベストです。

GR010095

縦置きを裏から見た場合。

GR010094

横置きにした場合。

これが使えると、縦置きでも横置きでもスタンド代わりに液晶を置ける。
外部キーボードで入力したりする時に非常に便利です。

ソフトタイプで十分使えます。

100点満点!

2.手帳ケース型

GR010050

GR010051

「改善版」という文字が見えますか?ということは前のバージョンがあってそれを改良した製品ということなのでしょう。


クリア型ケースがハズレた時のために購入しました。

ハズレではなかったので、使う頻度は少ないかもしれませんが
なかなか良さそうです!

気に入ったのが、クレジットカードなどを入れるポケットが3つついていること。またその内側もカードやメモを収納できそうです。

GR010080

多めに収納してみました。実際にはこんなにたくさんは入れないと思いますが。

交通系のICカードを重宝してまして、
バス・電車乗車時にはもちろん、コンビニなどでちょっとした買い物も利用できるので、
これがあると財布がほとんどいらなくなる。
ずっとスマホの裏面に取り付けて使ってきたので、これが収納できないケースでは困るのです。

さらに、ストラップが付属(取り外し可)していて、本体に穴も開いているのでいろいろと使えそうです。

GR010088

ストラップの穴があります。

もうひとつ気づいたのは、磁石をうまく使っているなーということ。

手帳の留め金は磁石で止めるようになっているので開閉が実にスムーズで、
また面白いのが、手帳を180度裏返えすと磁石で裏面同士がくっつくようになっているのです。電話するときにじゃまにならずに使えそうだと思います。
(ただし、フタの開閉で自動でスマホのオンオフはできないようです)

GR010079

フタを閉じたところ。

GR010085

裏面から。カメラレンズと指紋認証が見えます。

GR010083

フタを指で挟むと安定して使えます。

GR010084

磁石でくっついているの図。

GR010086

横置きでも置けます。

気に入りました。

ただ、デザインが茶色でイマイチなので90点としておきます。

最後に

二つとも1000円ちょいで購入できて安く、非常に満足できる製品でした。

めずらしく当たりましたよ。
後は耐久性がどれくらいか、といったところです。

ばっちり保護するなら手帳型。シンプルにつかいたいならクリアケース。といった使い分けとなりますが、ちょっと悩ましいです。

しばらく並行して使ってみたいと思います。

とりあえず今回は両方とも当たりでした!
おすすめです!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です