【レビュー】 A5のシステム手帳 ClipBOOKが使いやすい! part2

スポンサーリンク

GR020048

前回A5サイズのシステム手帳『Clipbook』を紹介したのですが、

ちょっと説明が不足していたようなので
追加で良い点について書いてみます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

薄く、軽い理由

前回、大雑把に軽い……、と書いたのですが

なぜかと言うと
このようにバインダーが薄く、余計なものが一切付加されていないからなのです。
(材質はレザー調のポリウレタン製のようです。手触りバツグン)

GR020044

バインダーはなにも加工されてません。非常にシンプル。

市販のシステム手帳の多くは、名刺入れだったり、クレジットカード入れだったり、小銭入れだったりと余計なものがついているものですが、この手帳はそういうものが省略されています。

GR020045

材質はレザー調のポリウレタン製。

だから、シンプルで軽い。

リング径が大きいのにスマート

また、リング径が大きいのもナイスで
25mmリングなので、結構容量が入ります。

GR020057

そして前回でも触れましたが、ありがたいのがそこにペンを二本ほど挿せるのです。シャープペンとボールペン、ボールペンとフリクションペン。いろいろと組み合わせて手帳に挿せると非常に便利です。

さらにさらに、ペンを挿したままページもめくれますし、記入もできるところが素晴らしい。

GR020051

ペンを2本挿したまま作業ができます。

でいてスマートに全体が収まっている。
いいじゃないですか。(自画自賛!)

めくりやすい

そして特筆すべきが
ページがめくりやすいことです。

手で持って手帳のページをめくる場合、このように握るのですが、

GR020053

肌触りがよく持ちやすく、ページがパラパラめくれます。リング径が大きいのも影響しているでしょう。

GR020052

資料などを多数作成して挟み込んでも、閲覧がしにくいといったことは今のところありません。非常に見やすいです。

最後に

使えば使うほど気に入ってしまいまして、
毎日、これを中心に仕事をするようになりました。

で、みなさんにお勧めしたくて再度記事にした次第^_^

あまり、店頭には並んでいないようですが、ぜひ手にとって使いやすさを確認してみてください。

※付属しているリファイルは市販品に比べ、穴が小さいのでめくるときに引っかかりやすいようです。注意ください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です