JBL Flip3のBluetooth接続の仕様について検証してみた。

スポンサーリンク

GR040166

縦に置いても十分綺麗に音が聞こえます。最近はこの置き方が定番に……。

Flip3のBluetooth接続の仕様がマニュアルに詳しく書かれていなかったので、やむをえず、手探りで検証してみました。

JBLに問い合わせもせずの独断と偏見ですので、違っていたらご容赦ください^^;。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

自動接続

まず、Flip3を電源オンにすると直近で使っていた再生機器(電源オフでもBluetooth入であれば)には自動接続されます。

1)直近の機器が使えなければ「無接続」
この時、直近の使用機器がBluetoothが切りだったりすると「無接続」状態になります。

2)直近以外の使用機器は自動接続の対象外
さらにその前に使っていた機器が仮に近くにあったとしても自動接続されず、あくまで直近の使用機器だけが自動接続の対象となるようです。

直近に使っていない機器を利用する場合は、あくまで再生機器側から手動接続操作しないと使えません。
ちょっと不便。

ソーシャルモード

また、Flip3にはソーシャルモードというのがあって、Bluetooth接続した3台の再生機器を自動切り替えしながら再生できます。
Bluetoothを3台接続したままで利用できるということです。

ですが、残念ながら接続は1台目を覗いてあくまで手動でやらなければならないのは先ほど書いた通りです。

なかなか便利な機能なのですが、Flip3を一旦電源オフにすると初期状態に戻り1台接続にもどってしまいます。この辺もイマイチです。

最後に

前回記事に書いたとおりBoseのSoundlinkMini2ではMini2の電源を入れると直近使用した2台の再生機器が自動的に接続され、以後は自動切り替えで再生できる仕様なので、3台と2台の違いはあるものの、Mini2では常時2台がソーシャルモード状態になっているわけです。
同じBluetoothでありながらメーカーによりこうも違うかと思いますね。できればBoseの仕様に合わせて欲しいものです。

まあ、スマホ1台だけしか使わない人も結構いるとおもいますから、あまり重要ではないのかもしれませんが。

ご参考まで……。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. ジェフ より:

    FLIP3はとても便利なスピーカーですが、電源を入れる時と切る時、あとブルートゥースを認識したときにかなり大きな音をならす仕様になっています。
    とくに電源オンオフは、周りの人の迷惑はもちろん自分でもびっくりするくらいバカ出回音を鳴らします。
    ギターの音でオシャレな電源音のつもりなのかもしれませんが、あまりにも爆音なため迷惑極まりないです。
    本当に他が良いだけに、この無神経な仕様がなぜ通ったのか不思議でなりません。

  2. Tsukuru より:

    コメントありがとうございます。
    本当にその通りだと思います。音質は非常に良いのでUIや音の部分は僕も非常に残念に思います。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です