『Amazon MasterCardクラシック』の申込みに免許証は不要だった。拍子抜けするくらい簡単でした。

スポンサーリンク




Pocket

Amazonで頻繁に買い物するので

前々から『Amazon MasterCardクラシックカード』 を申し込もうかどうか迷っていました。

Amazonプライムの会員だし、年に1回でも使えば年会費は不要になるし、ポイントは2倍以上つくようだし。それに入会すれば5000円ほどのポイントがもらえます

良いことづくめじゃないですか!

でも、

躊躇していたのは

本人確認の問題。

実は免許証の住所と実際の住んでいる住所が違うのです。

単身赴任者によくあるケースですね。

これが厄介で。

数年前のこと、何かのカードを申し込んだ際に、郵便局の配達員さんに免許証を提示したのですが、住所相違という理由だけで配達拒否に会いました。
(補足できる公的資料はあったのに)

目前にカードがありながら、受け取れない屈辱。

これ以来 クレジットカードはトラウマになってまして、

Amazonのクレジットカードも同じだろうと……、今まで放っていました。

ところが、あれから月日も経ち、手続きも簡素化したとのウワサを聞き

ならば、やってみようかと奮い立ったのでした。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




ほんとうに免許証の提示は不要だった!

現物はなかなか渋い!デザインも良いんじゃないでしょうか

申し込みの詳細については、すでに先人方が色んなブログに書いてあることですからここでは省略させていただくとして

思ったことだけを書いてみます。

加入検討されている方の参考にしていただけたらと思います。

1,免許証の提示などは一切なくカードは届いた

申込み時点は本人確認書類は不要でも、カード現物を受け取る際には、数年前とおなじように免許証の提示を求められるのでは?と疑ってました。

でも、何もありませんでしたね。

ぐぐってみると、どうも金融機関の口座確認の際に同時に本人確認できる仕組みがあるようです

僕の場合は、プライム会員だし、アフィリエイトも使うハードユーザーなのでこの辺も考慮されたのかも。

例外もありますから、すべてができるわけではないようですが、変われば変わったものです。

2,実質は三井住友カードなのだ

申し込み審査の受付から、審査結果の連絡、カード送付。はてはウエブ明細アプリの利用まで、三井住友カードを使うのとまったく同じ。不測の事態の際もAmazonではなく三井住友さんに連絡しなければならないようです。

使うアプリはこれ ↓↓↓

ま、銀行ですから不安はありませんし、アプリの出来もいいようなのでOKではありますが、ちょっと肩透かしにあったような感じがしました。

3,加入時の特典ポイントはすぐにはもらえない。

Amazonで買い物をするとカード未加入者には 買い物の金額-5000ポイント(円) 差し引きいくら得でっせ、てな表示が毎回でてきます。

特典として5000ポイント(5000円です)が貰えるのです。

なので買い物をした際に同時にカードの申し込みもしたので、最初からポイント分を引いてくれるのかと思いきや、そうではなかったです。

ポイントが付加されるのは、あくまで正式なカードが発行された後で、加入と同時には使えないようです。

考えてみれば当然ではありますが、これも肩透かしにあった感がしました。

4,審査結果は2日後には判明

手続きは非常にスムーズです。申し込みをして二日後には審査結果合格のメールが飛び込んできて、実際にカード現物を受け取ったのは申込みから6日後です。

簡単になったものです。

まとめ

いままでメインに使っていたカードは

実はこちらです。

 

近くのスーパーがセゾン系のスーパーばかりなので便利だろうと思って使ってきたのですが、よくよく調べてみると

ポイント還元率は0.5%のようです。

少なすぎる!

Amazonの2%(Prime会員の場合)の4分の1じゃないですか

これがカードを申し込んだ大きな要因です。

てなことで、いま使われているカードの中身はざっと見直しはされたほうが良いと思います。

そして、Amazonを頻繁に利用されるならば、お得になるのは間違いないので、未加入者はさっさと申込みをされたらと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




継続して購読しませんか!

follow us in feedly

関連コンテンツ