Mac版GoodNotes4の使い勝手!連携すると強力です

Pocket

MacBook、iPad、iPhone7Plusの各画面に同じGoodNotes4アプリを表示させたところ

前回記事に書いたようにGoodNotes4にはMacOS版のアプリがあって、連携すると非常に便利に使えます。

購入検討されている方もおられると思うので、Mac版のアプリの使い勝手についても触れておきたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




iPad版との違い

ほとんどの項目は良く似ているので、iPad版を使われている方ならインストールさえ終わればすぐに使えると思います。

Mac版のメニュー画面

iPad版のメニュー画面

特に大きく違うのは(基本的に)ApplePencilが使えない点で、テキスト入力中心でドキュメントを作成するようになるということです。
(ペンタブも使えるとは思いますが、未確認です)

細かな違いは以下。

ナイスなところ

1、カテゴリー分けがドラッグ・ドロップ一発

iPadだと編集メニューから移動という2段階の操作になるのですが、Mac版はドラッグ・ドロップ操作で直感的に移動できます。

左側に表示される各カテゴリーにドラッグすれば簡単に移動してくれます

GTDに沿って書類をカテゴリー分けしているので、このように移動があっという間に完了してくれると大助かりです。

2、印刷がより簡単に

iPad版でもプリンターの機種を選べば直接印刷は可能ですが、
この手のお絵かきアプリでよくあるのが、書いたものを出力すると薄くて文字が読めないってこと。

iPadからはこの辺の細かなプリント調整が難しいのですが、Mac版ではプリンタドライバーが優秀ですから、濃淡やコントラスト、明暗などの詳細な調節が可能で、見やすいドキュメントが印刷可能です。

僕の持っているキャノンのレーザープリンターだとこんな感じ

なので、iPadで内容を作成し、同期されたドキュメントをMac側アプリから印刷するといった流れが、非常に見やすい資料を作る一番効率的な流れになるかと思います。

3、キーボードショートカットを使うとサクサク

消しゴムとかハイライト・編集などの操作切り替えが、Mac版ではキーボードショートカット一発でチャチャッと切り替えて操作できます。

機能名 キーボード・ショートカット
選択 FN+ A
編集 FN+ V
テキスト FN+T
ペン FN+P
ハイライト FN+H
消しゴム FN+E

些細なことのようですが、これが使えるだけで効率面でかなり違ってきます。

4、サムネール、ブックマークを一覧しながら編集が可能

iPad版では用紙に書き込みする際はサムネールやブックマークの一覧は隠れてしまいますが、Mac版では表示されたまま編集が可能です(プレビューの画面で注釈するような感じです)。

全体を見渡しながら編集できるので、思考もめぐらしやすいですし、移動も容易です。

Mac版で編集中の図。左側にサムネイルやブックマークを表示したまま編集できる

いまいちな点

1、図形機能がない

iPad版ではフリーハンドで多少乱れた線を引いても、自動で綺麗な直線に変換してくれる機能があると思いますが、Mac版にはこの機能がついてないようです。

iPad版には丸囲いのように図形をスムースに手書き作成する機能がありますが

なので正方形や円、三角形などの図形はあくまでフリーハンドで我慢して書くか、
PagesやKeynoteなどで図形をあらかじめ書いてからコペピして持ってくればなんとか利用することが可能です。

いずれにしても多少不便ですね。

Mac版アプリを導入するメリット

ぶっちゃけて言うと、

iPadのApplePencilで書いた手書き文字よりも、Macで入力したテキスト文字の方が書いた後の文章は断然見返しやすいです。

個人差のあるところでしょうが、僕のように文字が汚い人は特にそうですね。

なのでMac版のアプリが重宝します。

直感的に発想するには確かに
iPadでApplePencilで書いた方が優れていますし、効率的です。たとえそれが汚い文字であっても、それを差し引いてもまだまだメリットのほうが大きいと感じます。ですから、このへんはお互いが補う関係になります。

まずは直感的にiPadで発想し、Mac側で不足部分をテキスト文字で補うという動作。これを交互に繰り返す。そうすると頭が刺激されて、いろんなフレーズやアイデアが生まれやすくなる(それを狙ってます)。それが最大のメリットだと思います。

iPhone ⇔ iPad ⇔ MacBook それぞれの端末で同じGoodNotes4の書面を見ながら発想できるなんて素晴らしいじゃないですか。

最後に

実は、Mac版のアプリのほうはかなり前からインストールしていたのですが、当初は結構バグが多くて使いものになりませんでした。

文字が正常に改行されなかったり、文字が隠れてしまったり。

ところが最近になりアップデートで改善されたのでしょう。テキスト文字もスムーズに入力できるようになりましたし、インターフェースでストレスを感じることがほとんどなくなっています。

十分使えるアプリに仕上がっていると思います。

もし、iPadでGoodNotes4をバリバリ使っておられるかたなら、Mac側でこのアプリを導入するメリットは十分にあります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




継続して購読しませんか!

follow us in feedly

関連コンテンツ