新iPad(2018)を手に入れました。

Pocket

遅ればせながらようやく2018年製新iPadを手に入れました。

128GBのWiFiタイプのやつで

税込みで5万円ちょっと。

目的は「どこでもiPad」を実現させること。

iPadは思考に適したデバイスです。いろんなことをより深く考えることができます。

でも、常時スタンバイできない今の状態では、せっかく考えたことも中断してしまう。

ぶつ切りでしか思考が続かない現状にイライラしていました。

過去にはこんな記事も書いてます。

デジタルツールとの付き合い方。〜iPadの限界を感じるこの頃〜
最近、iPadの限界を感じています。 僕が言わずともですが、iPadは素晴らしいマシンです。 Apple Pencilを使ってお絵かきもできれば会議のメモを手書きで残すこともでき。移動・複写・拡...

いつも携帯できるようにすれば、これが改善できるのでは?

やはり、12.9インチのiPadPROはデカすぎたんです。

自宅で操作するぶんには全く問題ないのですが、外に持ち出すのがダメです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




ファーストインプレッション

今更ですが、感じたことを少々。

小さい

いつも12.9インチのiPadをいじくり回していた身からすると、ほんと小さく感じます。最初はiPadミニかと思ったほどです。

12.9インチiPadとの大きさ比較。言うまでもなく一回り違いました

でも、ApplePencilで落書きしたり、メモをとったり、という目的ならこの小さな画面でも問題なさそうです。

今まで、この小さな液晶では使い物にならないのでは?と疑ってました。

でも、ノープロブレムでしたね。

機能的にはPROと遜色なし

PROにすべきかどうかも散々悩んだ項目てす。動作が遅いとか、1インチの画面の大きさ差とか。

操作上の問題はまずありません。キビキビ動いてくれます。

あとは、Smartkeyboardが使えないのが痛いくらいでしょうか。

でも、僕はApplePencilメインで利用するつもりなので、まぁ大丈夫でしょう。

あとがき

この大きさなら僕のThuluのバッグにMacBookと併せて持ち運びができます。

これだけでも本当助かる。

どこでもホワイトボードを実現するためのiPadなので、スペック的にはまあ適当でいいのです。

iPadプロとApplepencilで思考するのに最適なアプリを考えてみた‼︎
最近、またiPad Proを頻繁に持ち出して、アイデアを練ったり文章を考えたりする機会が増えてきました。 一時期はiPadを初めとするデジタルツール自体に失望感を持ってしまっていた時期が...

ハードに使う予定なので極力安いほうが良かった。

とりあえずは満足しています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




継続して購読しませんか!

follow us in feedly

関連コンテンツ



スポンサーリンク
スポンサーリンク