しばらくB5サイズの超堅リングノート「Guildford」を使うことにしました

Pocket

先日、B7サイズのカバーの堅いエジンバラというノートの記事を書いたのですが、

カバーがすごく堅くてフィールドワークで使いやすい!!  極東アソシエイト「エジンバラ」のB7サイズノートを使ってみる
最近使いはじめて気に入っているのがこのノート。 パスポートサイズのリングノートです。 以前も記事で書いたように、今までは無印のパスポートサイズのノートを愛用してきました。ワイシャツの胸ポケット...

その後、同じ種類のリングノートのB5変形サイズ「Guildford」を購入して使いだしました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




結構、気に入ってます。

1,寝っ転がって書ける

カバーがすっごく堅いので、下敷きが不要。立ったまま、あるいはソファなどに寝っ転がったままで安定して記入できるのが素晴らしい。

ソファに寝っ転がって書いている図。この状態でも書きやすい

このカバーの硬さは僕が今まで経験したことがないほどのものです。

使えます!

超堅いカバー

2,大きさが手頃

B5変形サイズなので、大きさはB5とA5の中間くらいの大きさ。

ちょっと中途半端な感じがしましたが、用紙が狭くて書きにくいと感じることはありません。適度な大きさといった感じです。

大きさ比較。手前からA5無印ノート、Guildford(赤枠)、普通の市販B5ノート、Cambridge(A4変形)

A5ノートとの比較。若干大きいくらいですが、この若干が大きいように思います

実は、A4変形サイズの「ケンブリッジ」も手に入れていたのですが、使ってみると、やはりA4サイズは大き過ぎて、用紙が7mm罫なのもちょっとと感じて……。

持ち出して使うならやはりB5サイズ程度が無難かと思います。

僕の愛用のバッグ ポーターにもバッチり入ります

3,シリーズ随一の方眼

やはり、落書き、アイデア出しには方眼用紙が使いやすいです。罫線タイプだとしっくりこない。用紙の端から端まで、目一杯、密に書き込めますから充実度が違う。

そいでこのシリーズで方眼用紙が使えるのは、このGuildfordくらいしかなくって。メーカーさんには是非、増やしてほしいですね。

長い付き合いの予感

値段は400円程度(60枚)で、モレスキンなどの高級ノートが2000円,3000円するのを考えると、非常にリーズナブルな価格設定です。

ただ、残念なのは街中の文具屋さんでこのGuildfordシリーズのノートを置いてあるところが少ないのです。

僕の知っているのは丸善くらい。

なので、ほとんどがAmazonなどのネットで注文することになるのですが、「合わせ買い対象商品」なので2000円以上抱き合わせでないと買えないのがネックです。

まとめ買いしておこうかと目下検討中です。

いや、一気にこのシリーズの超堅いカバーつきのノートが好きになりました。

キモは「寝っ転がって記入できること」です

これがツボにハマってしまいまして。快適で快適すぎて、そこが良いのです。

長い付き合いになりそうです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク




継続して購読しませんか!

follow us in feedly

関連コンテンツ



スポンサーリンク
スポンサーリンク