1000円の格安HDMIセレクターは果たして使えるのだろうか? MacBook(2016)とBDプレイヤーを切り替えながら使ってみる‼︎

Pocket

きっかけはこの記事。

なんと4K対応のHDMIセレクター が998円!

しかもちゃんとまともに使えるらしい。Amazonの評価も良い。

ちょうど1月にPCモニターを買い、最近ようやくMacBookでクラムシェルモードが安定して使えるようになったのに気を良くして、

ならば「BDプレイヤーも1台のモニターで切り替えながら視聴できるようになれば、すごいじゃない!」

1000円なら駄目元であきらめもつくし……

ということで早速ポチって届きました!

非常に簡素。

付属するのは取り扱い説明書(しかも一枚もの)だけでした。

ピラピラの取説。しかも英語表記です

スポンサーリンク
スポンサーリンク




使い方

簡単です。

HDMI端子が3つ差し込めるようになっているので、ここに視聴したいBDプレイヤーとかパソコンのHDMIケーブルを差し込み、セレクターの反対側のケーブルをPCモニター側に差し込むだけ。

セレクターとして稼働するための電流は、接続した機械側から取得する仕組みのようなので、ACアダプターとかケーブルなんてのも不要です。

今は一番につながっているセレクターのランプが点灯しています。そのつながっているHDMIの機器の映像が表示されます

スタンバイの状態になるとセレクターの黄色いランプが点灯するので

後は、切り替えボタンを押して、お好みの機械の映像を楽しむだけです。

ちなみに僕の現在の接続状況はこんなかんじ。

以下、気づいた点です。

1、画質は綺麗でノイズなし

接続する機器の状況にもよるのでしょうが、僕の組み合わせではノイズ一つなく画像も綺麗で安定して使うことができています。

モニターにはスピーカーが付いているのですが、これも正常に音が出ています。

異常なし。

2、モニター電源スイッチは自動

モニター側が対応していれば、プレイヤー等の電源を入れるとセレクターが反応して、モニター側の電源も自動で入る仕様になっているようです。

一手間省けて便利です。

ただし、HDMIの切り替えはあくまで手動ですのでご注意ください。

3、MacBook(2016)単独では稼働しない

残念な点です。

僕のMacBookはアップル純正のマルチアダプターを経由してHDMI接続しているのですが、このセレクターを経由すると映像がモニターに映りませんでした。

セレクターランプは黄色く点滅の状態となり、待てども待てども一向にモニターに映像が映りません。映像信号がありませんと表示され、しばらくすると電源が落ちてしまいます。

点滅するのはなんらかのエラーなのでしょう。

ただ、

この状態でBDプレイヤーの電源を入れると、一瞬間を置いたあと、MacBookの画像が表示されるようになります。

つまり、どういうことかと言いますと、

MacBookのアダプター経由でHDMIから供給される電力容量では小さ過ぎて、セレクターが正常に稼働しないようなのです。

なんとも残念な結果です。

なお、BDプレイヤー(ソニーBDP−S6700)単独では正常に利用できます。

4、手動切り替えでも特に不便は感じない

これは良かったことですが、

本機は手動切り替えしか対応しておらず、さぞかし不便ではないかと思っていたのですが、使い始めてみると、ほとんど不便を感じませんでした。

赤丸の中の黒いボタンがセレクターボタン。1回押すたびに1→2→3というように順次切り替わる方式です

返ってシンプルで潔いと思うほどです。

まあ、僕の場合はたった2台しか使ってませんから、台数が少なければ自動切り替えできる高額な製品は必ずしも必要ないのかもしれません。

まとめ

ってことで、

MacBookが単独で利用できないのはちょっと残念ですが、総じてこの金額なら非常にコスパが高く、利便性は高いと感じました。

安いからといってストレスを感じることもなく安定して使えます(あとは耐久性の問題)。

iPhoneSEとの大きさ比較。程よい大きさです。

PCモニターをお持ちの方で、セレクターはまだ持っていないという方がいらっしゃれば、一つお持ちになると便利に使えると思います。

おススメです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




継続して購読しませんか!

follow us in feedly

関連コンテンツ