iPhoneの万能エディターUlyssesのテーマをカスタマイズする!

Pocket

iPhone版のUlyssesのテーマをカスタマイズしてみたので、その方法をシェアしてみたいと思います。

テーマとは、色や文字をマークダウンのタグごとに使い分けて、見やすくする機能のことです。

こんな感じでガラッと見た目が変わる。

右がカスタマイズしたテーマ。ガラッと雰囲気が代わります。

ともすれば執筆意欲にも影響しかねないので、カスタマイズする価値は充分あると思います。

実は、Ulysessにはデフォルトで4種類。UlyssesのHP(style.ulyssesapp.com)に行けばさらに沢山のテーマを無料でダウンロードできるのですが、僕がいくつか試してみたところでは、残念ながら気に入るものは見つかりませんでした。

iPhoneに予めビルトインされているテーマ。左からFreestraction,iOS、Solarized、シンプル。いずれも地味めです。

そこで、自分好みのものを作りたいという欲望が生まれるのです……。

Mac版のUlyssesは自力でカスタマイズが可能なのですが、iPhone・iPad版のUlyssesはそれは出来ませんので、iPhoneで自分の納得するカスタマイズしたテーマを使うには、原則Macを経由しての操作となります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




テーマをカスタマイズする

やり方は簡単。

MacのUlyssesアプリでカスタマイズした設定ファイルをiCloud経由でiPhoneのUlyssesに読み込ませればOKなのです。

ですから、重ねて言いますが、前提条件としてMac本体と、Mac版のUlyssesアプリが必要です(別のやり方もあるとは思いますが)。

順を追って説明していきます。

(1)【Mac側操作】MacのUlyssesでテーマをカスタマイズ

設定から「マークアップ」を選択して、下の方に表示されているテーマをまず選択し、自分好みにカスタマイズします。

Mac側Ulyssesの環境設定を開きます

あくまで既存のテーマをカスタマイズします。そのやり方については後述します。

マークアップの箇所をカスタマイズしていきます。

(2)設定ファイルの書きだし

さて、カスタマイズが終わったら設定ファイルを書き出すのですが、やり方は、まず該当テーマ(図の下)を選択した状態で右クリック。「書き出す」を選択します。

下の該当テーマを選択して右クリック

iCloudを指定して保存します。

(Dropboxでも可能です)

(3)【iPhone側操作】iCloudドライブからアプリにインストールする

ここからiPhoneに持ち替えての操作になります。先程Mac側で保存したiCloudの設定ファイルをiPhoneで表示(ファイルなどのアプリを使うのが簡単です)。共有を利用してUlyssesアプリを指定します。

ファイルアプリなどを利用します。

「インストールされました」と表示されたらOK。

このやり方は、UlyssesのHPから直接インストールする際も同じやり方です。

(4)テーマを変更する

最後にiPhoneのUlyssesを起動してインストールしたテーマに変更して操作完了です。

執筆画面から赤丸のところを選択

続いてテーマを選択します

画面上のカスタムテーマの中にインストールしたものが入っています

あらかじめアプリ内にあるデフォルト(ビルトイン)のテーマとカスタマイズされたテーマは別れて表示されます。今回はFreestractionをカスタマイズしているので、カスタムテーマ側(下の方)のFreestractionを選択します。

以上です。

テーマ設定のやり方

ついでですので、MacのUlyssesの設定について補足しておきます。

テーマで設定できるのは

①タグ ②文字 ③文字背景

の3つです。

上図の順番もこの順番です。

タグというのは「###」とか「〜」や「-」などのマークダウンの記号のことです。

タグをお洒落な色合いにしたり、又は表示されないようにする事で、奇抜でお洒落なシートに変身できるのです。

上の図で説明すると、見出し2は、明るい(画面)の場合、タグはやや薄い緑、文字は青、背景は薄い緑で、太字とアンダーラインの設定になっています。

ちなみに上の見出し1ならタグがグレー、文字が黒、背景がピンクで、太字の設定になっています。

上が見出し1,下が見出し2

暗いという文字が見えますが、Ulyssesにはダークモードと言って画面を真っ黒にして執筆できる(暗い)モードがあるので、その時の設定を指しています。

色以外にも太字 下線 斜線 取り消し線なども修飾可能なところがありがたいところです。

最後に

UlyssesのHPを訪問されたらわかると思いますが、実はテーマだけで無く、HTMLやPDF、EPUBなどの表示もカスタマイズできるようになっているようです。

今回は時間がなくそこまで手は出していないのですが、CSSなどの知識がある方は挑戦してみてはどうでしょうか。

では。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




継続して購読しませんか!

follow us in feedly

関連コンテンツ



スポンサーリンク
スポンサーリンク