自炊書籍の読書端末として僕がiPhone7Plusを選んだ理由

スポンサーリンク
 
Pocket

とうとう購入してしまいました!

iPhone7Plusです。256GBのレッドを中古で手に入れました。

(現行品は128GBまでしかなかったので)

非常にカッコいいですよ!

メインの目的は自炊書籍の読書

実は自炊書籍が外出先で読めない状態が続いていまして……(^ ^)

iPad miniはとっくに手放してしまいましたし。iPad Pro12.9では大き過ぎて持ち出しにくい。iPhoneSEでは小さ過ぎる。

ということで、見るのに適した画面を持った端末がなくって、

何とかしたいと思っていました。

400冊ほど自炊書籍が貯まっているのです。

なぜiPhone7Plusなのか?

いろいろ検討しましたが10万円以上もするiPhone Xや8はのっけから対象外です。候補にしたのはiPad miniとiPad Pro10.5 のセルラー版。しかし、これを土壇場でひっくり返したのでした。

その理由としては

(1)タブレットはどこでも使えない

実はiPad miniを使っていた時、

バスや電車の中、休憩所、トイレなど、空いた時間にちょこちょこ使っていたかというとそんなことはなくて、カフェとかホテルとか場所が広くて、時間に余裕のある時しか使ってなかったことを思い出したのです。

人にジロジロ見られるのが嫌だったのですね。

でも、僕のニーズとしてはどこでも読書したい。仕事の合間とか、バスの中とか。ちょこちょこと。そんな夢の環境が7Plusならなんとか構築できるのではないかと淡い期待を抱いたのです。

(2)デジカメが一眼並み!

7plusでは大幅にカメラ性能がアップして一眼画質に近くなったいという噂でした。手ぶれ補正も優秀で高級コンデジに迫る勢いだとの実証動画なども見受けられていました。

なら、一石二鳥。デジカメを持ち歩かず、スマホ一台ですべてが賄える環境が構築できたら最高です!

(3)ハブ端末として使えるかも!

7Plusはディスク容量が最高で256GBもありますから、これくらいの容量があれば、ブログ更新の素材になる写真とか動画くらいは余裕でブッこむ事ができます。

また、PDF書類やワード書類、テキストなどもここに置いとけば、いつでもMacBookやiPadに書類を転送して利用する事が出来ます。

要はiPhoneを母艦・司令塔のように使いたいのです。発想の転換ですね。

やはり、スマホはいつでも持ち歩いているので、タブレットに比べると非常にアドバンテージがあるように思うのです。

最後に

購入して既に2週間ほど使いまわしていますが、今のところ当初の目論見通りにことは運んでいます。非常にいい端末を購入しました。

iPhoneSEと自炊書籍の閲覧画面を比較してみたところ。左側の7Plusが圧倒的に見易い!

タブレットを購入しようと思われる方、ちょっと立ち止まられた方がいいかもしれません。読書端末として使うのが目的ならiPhone7plusのような大きめのスマホも案外良いものです。

是非、候補に加えて見てはどうでしょうか。

実際の使い勝手については、まだまだ夢心地で客観的な記事が書けない状態なので、また後日、改めて記事にしてみたいと思います。

では……。

スポンサーリンク
 

関連記事‼︎

スポンサーリンク
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加