MacBookにHHKBを直接のっけて尊師スタイルを可能にする専用ハードカバー(キーボードブリッジ)を手に入れた!

スポンサーリンク




Pocket

購入していた黒色のHHKB BT(キーボード)ですが、最近白色のタイプに買い替えました。

やはり、黒色だとキートップの文字が見にくいので使いにくいという思いが消えず、変えてみたらやはり、見易い・打ちやすい・気が晴れた……、で非常にナイスな気分になれました。

白色の方がデザイン的に明るい感じがしますし、ずっとこのタイプを利用してきたのでフィーリングが合うということでしょうか。

そして、

今回はさらにもう一つ、キーボードブリッジという製品もあわせて購入したのでした。

簡素な外箱です

バード電子 キーボードブリッジ (ホワイト色)
PFU
売り上げランキング: 20,229
スポンサーリンク
スポンサーリンク




どういう製品なのか

開封したところ。クリヤとホワイトと2種類あるのですが、僕が購入したのはホワイトの方。

このキーボードブリッジ、何に使うかというと、MacBOOK本体のキーボード部分にこれを乗せて覆い、その上からHHKBキーボードをのっけて入力できるようにする(これを尊師スタイルという)スグレモノの板、といったものなのです。

これが尊師スタイル。HHKBキーボードを内蔵キーボードのように操れます。

これが案外いけます。

僕の持っている外部モニターは2KでRetinaの画質を十分に活かせないので、きれいなRetina画質で作業をしたい場合は、この尊師スタイルが重宝するのです。

ブリッジの性能やいかに?

さて、その製品ですが、手に入れてみた印象ですが

「ただのプラスティックの板」でした!(笑)

真っ平らなプラスティック製の板というイメージ。こんな感じで覆います。

この程度なら自作も可能な感じではあります。
(ただし、それでも2000円程度はかかりそう)

板の真中が多少浮いているとか、細工が施してあるとか、そういうことは一切ありません。試しにこのブリッジの上から指で押すと真中辺りのキーは反応してしまいます(周辺は大丈夫)。

もっとも乗せるのは剛性があるキーボードですから、ノープロブレムではあります。

真横から見たところ

それと、

ゴム足が付属していて、それをくっつければ多少、キーから板が浮くような形にはなるようです。

ゴム足はシールとして同封されていて、自分で任意の箇所に貼り付ける仕組み。もちろん使わなくてもOK。

僅かですが厚みがあります。

内蔵キーボードを無効にできるソフト

実は、特定のキーボードを接続した時に内蔵キーボードを自動的に無効にしてくれるソフトがありますから、必ずしもキーボードブリッジは必要ではありません。

Karabiner-Elementsというソフトがそれで。

もともとがHHKBの日本語キーボードのスペース横の2つのキーを「英数」と「かな」に設定できるソフトとして使っていたものなのですが、一石二鳥の働きをしてくれます。

このソフトの設定画面のDevicesというタブ中に外部キーボードが接続された時に自動的に内蔵キーボードが効かなくなり、外部キーボードしか使えなくなる設定があります。

設定画面。下の方の黄色枠内のHHKBのチョックマークを入れると機能が働くようになります。

最初は、もう一台あるUSBタイプのHHKBでこれを試していたのですが、たまたま端子の接触が悪かったようで、機能が働かず乗っけたキーボードが電源ボタンに触れて、MacBookが勝手にシャットダウンしてしまうという現象に何回か見舞われてしまいました。

頻度的には僅かではあったのですが、今後も起こり得る話なので、ソフトまかせにしないでなんとかしたいと思っていたところ、発見したのがキーボードブリッジだったと言うわけです。

ソフトウエア的にもハードウエア的にも対策を講じることで、万全の状態で尊師スタイルを使うことができるようになります。

まとめ

最近は、この尊師スタイルに馴染んでしまって、HHKBキーボードを外出時にも持ち出すようになってしまいました。

だってHHKBで入力したほうが断然気持ちいいし、速く入力できますから当然のことです。

MacBookをお持ちの皆さん、尊師スタイル、オススメです。

バード電子 キーボードブリッジ (ホワイト色)
PFU
売り上げランキング: 20,229

PFU Happy Hacking Keyboard Professional BT 日本語配列/白 PD-KB620W
PFU (2017-07-14)
売り上げランキング: 7,572

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




継続して購読しませんか!

follow us in feedly

関連コンテンツ