芯の濃さ・太さを一定に維持したまま書き続けることができるシャープペン「クルトガ・アドバンス」が気に入った!

スポンサーリンク




Pocket

最近購入してよかったものの1つにクルトガアドバンスと言うシャープペンシルがあります。

クルトガブランドのシャーペンは今までもいくつか使ってきていましたが、これがさらに進化して「きれいな文字が書ける」というのがキャッチフレーズ。

芯の太さ、濃さがどんなに書き続けても変わらない、というのがその理由のようです。

クルトガのHPより

その他にも、芯折れ防止機構などもそなわっていて、非常に高機能なシャープペンシルなのです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




実際の使い勝手

他のクルトガのシャープペンと外観はほどんど変わりません

さて、

実際に使ってみての感想ですが、キャッチフレーズ通り芯の濃さ・太さがほとんど一定で、安定して書けるというのが印象です。

先端部分の拡大箇所。素人目にはまったくギミックは分かりません。いたって普通。

従来、シャープペンというのは薄くて書いた後が読みづらく、汚い、というイメージが強くて、僕はあまり使いたくなかったのですが、このペンなら書いた後の筆跡もスッキリしていて読みやすいように感じます。

また、芯折れも今のところ一回もないですね。

ただ、僕の字がそもそもが下手くそな字なので、綺麗かどうかは判断が分かれるところです。

敢えて欠点を挙げるならば

欠点らしいものは見当たらないのですが、敢えていうならば「カリカリ感が強い」ことでしょうか。

尖りながら芯が回転しているせいか針金の先で書いているような、”堅い”感触で書くような形になります(芯は2Bなのに)。えんぴつナメナメのようにラフにサクサクと文字を書きたい人には向かないかもしれません。

まあ、そういった人はそもそもがシャープペンシルではなく鉛筆を選択されるとは思いますが……。

まとめ

たかがシャープペンですが、されどシャープペンです。

その筆記具の性能によって、文字を書く調子は大きく変わったりしますから、できるだけ良質なペンを使うに越したことはありません。

僕のように「汚い」「見えにくい」「すぐ丸くなる」などの不満を持っている方は、是非、このペンを試してはどうでしょうか。

値段もそう高くはありません(500円ほど)。

では。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




継続して購読しませんか!

follow us in feedly

関連コンテンツ