ウォーキングで使うインターバル計測はこの方法が最適だった!

スポンサーリンク
 
Pocket

運動不足解消に最適なスポーツと言われるウオーキング。

老若男女、誰でも簡単にいつでもできますから、ちまたではこれがもてはやらされているのです。

ですが、実は単に歩いても運動不足は解消しません。だらだら歩くだけではなんのメリットもなく、まあ気晴らしになるだけでしょう。

ちゃんとコツがあるのです。

それが、こちら、

3分全速力で歩いて、次の3分はゆっくり歩く、さらに全速力で歩いて……と、このエクササイズを数回繰り返す方法。

付け加えると

・足のかかとから着地する
・呼吸法として4回吸って、12回以上吐くなど意識する。
・丹田の部分が揺さぶられるように歩く

これがどうも健康に効果があるようです(体験談)。

でも、問題は

3分をどう計るかってことです。

わざわざストップウオッチを買うのももったいないし、余分なものを持ち歩きたくない。

ということで、ありきたりですが、スマホのタイマーアプリを探せば良いじゃないかと考えたのです。

スマホのタイマーアプリは使えなかった

即思い立ってAppleStoreで探したのです。キーワードは「インターバル」。繰り返しということで。

するといろんな種類のタイマー・アプリが出てきました。ボクシングジムで使うタイプのものや、筋トレに使うものなど様々。

ですが、僕の用途には使えませんでした。

  1. iPhoneの画面をロック(スリープ状態)するとカウントが停止してしまう
    外での利用なので画面ロックしないで利用というのは、基本あり得ません。
  2. 音楽アプリとの同時利用不可
    無音では寂しいじゃないですか。
  3. 本当にカウントしてるか心配になる
    ほとんどのアプリは画面ロックするとカウント停止されるので疑心暗鬼になってしまう訳です。

簡単な仕組みのように思われるのですが、僕のニーズを満足させてくれるアプリは無料・有料含めて見つかっていません。

気づいたのがこの方法

そこで、思いついた秘策が

ミュージックアプリを利用する方法でした。

よーく考えてみると、なにもカッキリ3分をカウントしてくれる必要はありません。自分のトレーニングですからアバウトで良くって、3分半でも、2分半でもOKなのです。

ならば普通の音楽アプリで、3分相当の楽曲を集めて、それを繰り返し再生すれば代用できるじゃないですか。あまりに簡単なことだったのです。

僕が使いだしたのがアマゾン・ミュージックという音楽アプリ。

関連記事‼︎

スポンサーリンク
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加