「付箋思考術」にはまる!! 付箋を仕事でつかうにはコツがあった。

Pocket

最近、付箋を使った仕事術や思考術が流行りのようです。

このような付箋に関する本も複数でているし、雑誌の企画でもあちこちで紹介されている。

1冊の「ふせんノート」で人生は、はかどる

超付箋法

フセンで考えるとうまくいく:頭と心が忙しい人のための自分整理術22

ふせんの技100[雑誌] エイムック

でも
付箋っていうと、使うとその跡に薄っすらと糊が残っていたり、ヨれたり折れ曲がったりで「汚い」というイメージしかなく、目印程度にしか使うことはありませんでした。

しかし、時間が経過し付箋も進化したらしく、ノリもあとが残らずしっかりと貼れるものが出ているようです。

それがこれ

ポスト・イット 強粘着ふせん 75x25mm 90枚x混色20パッド パステル 5001SS-K
3M(スリーエム) (2013-08-01)
売り上げランキング: 17,728

試してみたら案外良い。

ならば、やって見ようかと……。

でも、ただやるだけではうまく行かず、
実はちょっとしたコツがあったんです。

スポンサーリンク

1cm切り落とすのがコツ

いまメインで使っている付箋は75mmX25mmの小さめの付箋。

IMG 0539

どこにでもある普通の大きさの付箋

これくらいがワンフレーズ書くのにちょうど良く、小さいと単なるキーワードの羅列しか書けませんし、大きいと数がこなせなくなる。

でも、これをそのままでも使えません。

例えば、A4の用紙を横置きにして貼っていった場合、そのままだと3列しか貼れず、4列貼ろうとするとダブリが生じる。

IMG 0533

右端の付箋が切れています

これはA5のシステム手帳でもそうですし、ミニシステム手帳でもそう。

IMG 0532

A5のシステム手帳も同じ

思考術のモットーはできるだけ多くのアイデアを出すことなので、3列では物足りず、なんとしてでも4列を確保したい。

そこで苦肉の策としてやったのが、1cmほど端の部分をハサミで切ってみること。

IMG 0530

これで4列貼れるし、ミニシステム手帳でも、A5のシステム手帳でもピッタリ貼れるようになりました。

IMG 0522

上がオリジナル、下が切った付箋を並べたもの。

IMG 0529

A5システム手帳でもこのとおり

ハサミで毎回切る作業が必要ですが、ザックリでOKなのでそれほど苦にはなりません。

なーんだ、という工夫ですが、これが大切です。

A4用紙を横置きで

考えるために使うので
A4用紙を横置きで使っています。

そうすると、縦7行、横4列、合計28個の付箋を貼ることができます。

IMG 0512

俯瞰できるのがA4横用紙の強み

これだけの付箋を貼れると、いろんな視点でフレーズを一望できるようになります。

これがミソ。

また、いろんなメモ帳や手帳にも付箋を張って使っていますが、書いたメモは必ずA4用紙に張り替えるようにしています。やはり、小さな用紙で考えるとこじんまりして中途半端で、アイデアを俯瞰できない。

「最後はA4用紙に集約する」これが今のところのルールです。

IMG 0514

いつもポケットに入れているミニシステム手帳にも付箋を入れています

保存には工夫が必要

いっぱい仕事を抱えていますから、考えることが多く、あっという間に付箋を張ったA4用紙がたくさんできました。

管理が大変です。

野放図にしておくとどこに何があるのかわからなくなる。

困るのは、A4横置き用紙を保存するバインダーが殆ど無いこと。試しにクリアフォルダーで試してみると出し入れするときに付箋が干渉しあって簡単に剥がれてしまうし、縒れたり折れ曲がったりしてしまう。

工夫が必要です。

思いついたのが、プレゼンや企画書などで使う横置き専用のクリアなファイル。

コクヨ レールクリヤーホルダー 5冊 A4 白 フTP765NWX5
コクヨ (2003-08-01)
売り上げランキング: 8,537

これに挟んで運用すれば、カバーとして付箋を保護してくれるし、なにより束にした状態のままノートのようにめくれます。

IMG 0534

入れ替え並び替えも自由自在、付箋が剥がれることもまずありません。
柔軟に出し入れできるように軽微なクリップで仮止めして運用しています。
IMG 0535

IMG 0540

カバンに入れる時は、紙製のファイルフォルダを使っています。(マニラフォルダと言うらしい)

無印のインデックス付箋が活躍

そして活躍しているのが無印のインデックス付箋。

IMG 0538

これを用紙の右端に貼っておくと、該当のプロジェクトをかんたんに探すことができます。書いたものが死蔵しません。

IMG 0537


A4横用紙なら便利に使えます。

素晴らしいのは、付箋なので位置をかんたんにずらせるということ。

用紙が増えるとインデックスが重なり合う現象がおき、見にくくなりがちですが、そういうときは、付箋タイプだとかんたんに微調整が可能。いつでも見やすい状態にキープできるのです。

なかなか良いですよ。

最後に

このやり方で今はスムーズに頭の整理ができるようになりました。

今まではパソコンを立ち上げてマインドマップソフトやアウトラインエディタなどでこの手の作業をやってきたのですが、やはりアナログは良い!

なんとなく落ち着きますね。

それにしても、市販の付箋ってなんで横幅75mmなんでしょうか?

どう考えても65mm程度の長さの付箋のほうが使いやすいのに。

最近はいろんな付箋が出回っていますが、どれもユニークにイラストが入っていたり、奇抜な形の付箋ばかり。

僕には無縁だな。

そんな付箋より、65mmのタイプの付箋、ぜひどこかのメーカーさんで出して流行ってほしいです。

関連記事‼︎

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加