【映画】K-19 ハリソン・フォード、リーアム・ニーソン共演のソビエト原子力潜水艦の物語! ★★★

スポンサーリンク
Pocket

正月にAmazonプライム・ビデオで見た映画、第二弾!

ハリソン・フォードとリーアム・二ーソンのアクション映画の名優の共演に期待して見てみました。

スポンサーリンク

 あらすじ

ソ連の原子力潜水艦K-19で放射能冷却装置が故障して、放射能が館内に漏れ出すという事件が発生した。乗組員は放射能を懸命に押さえ込もうとするが、装置の修復に向かった乗員はことごとく瀕死の状態で倒れ込んでしまう。

状況はいっこうに収まる気配がなく深刻な事態に…。

やがて、艦長(ハリソン・フォード)は潜水艦を放棄しアメリカ海軍に助けを求めることを決意するが…。

こんな話。

実際に起きた事件らしい。

艦長役にハリソン・フォード、副長役にリーアム・ニーセンという配役。
これだけでも、なにか大きな事件が起きそうな感じがしますね。

最初に思ったのは、なぜ、ソビエトのノンフィクションをアメリカの俳優陣がしかも、英語で演出したのか。という素朴な疑問。

ロシア語が飛び交うはずの艦内で、飛び交っている言葉が英語では日本人の僕ですら強烈な違和感を感じてしまう。それはないよな…。と

もう、ここでつまずきましたね。

でも、

ハリソン・フォードとニーアム・ニーソンです。その他の俳優も名優揃い。これだけそろえて悪かろうはずがありません。演技はうまいし映画そのもののできは良い。

3,

ロシアってのはどうも暗い、イメージがある。

「戦争と平和」って映画もそうでしたし、チャイコフスキーの「悲愴」って楽曲もあるし。まあ行ったこともないし、国交がないので情報が少ないのであくまでイメージでしょうが。

この映画で表現される原子力潜水艦の艦内の雰囲気もなんとなく暗いって感じ。それはこの映画が扱う題材が悲惨な事件だからかもしれませんが、何となく気が滅入ってしまって、そこが嫌い。

 最後に

原始力潜水艦で放射能漏れがおきたら、というテーマは非常に素晴らしいのですが、どことなく重ぐるしく暗いイメージがぬぐえず。

英語音声というのも気に入らず。
最後まで好きになれませんでした。

普通の3点としました。

関連記事‼︎

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加