ガシガシ文字を入力するためにiPhone SE 64GBを購入した!

スポンサーリンク

最近、iPadPROを使い始めてから、

レッツノートをほとんど使わなくなりました。

もっぱら
iPadで入力した文章をMacBookAirで校正し、更にiPadで推敲するというようにiPad中心の流れが出来上がってきつつあります。

それだけiPadを僕が気に入っていると言うことなのですが。
そうなるとやはり、iPhoneがなければ始まりません。機動力でこれに勝るものはありませんから。
MacBookAir、iPadプロ、これにiPhoneが加われば無敵でしょう。

と言うわけで

速攻でiPhoneSEの64GBを購入してしまったのです。

スポンサーリンク

ガシガシ入力できる端末が欲しかった

今僕が持っているスマホはHuaweiの5.5インチサイズ。
大きくて液晶は見やすいし、操作性も問題ないのですが

しかし、半年以上使ってわかったのは、

大きな液晶の端末では手を使って文章を紡ごうというのは難しい

……ということ。

手が(指が)十分に届かないのです。
大きすぎるからぎこちない指使いになり、操作するたびに文章を書くことに抵抗感を持ってしまう。

そんな反省から、片手で文章をガシガシ入力できる、この【iPhoneSE】を選択しました。

以前5sを使っていたのでサイズ感・フリック入力のし易さは分かっていましたし、ネットの評判も上々だったからです。

片手でスッポリ握れる大きさ。これが良いんです。

片手でスッポリ握れる大きさ。これが良いんです。

絶妙の大きさだと思います。

購入後1週間ほど経ちますが、

確かに

液晶は小さくて視認性が劣るのは事実ですが、フリック入力が爆速で文字入力できますので、外出先で仕事をするにはうってつけのマシンだと感じています。

最後に

今のところ、SEの操作性の高さには非常に満足しています。

視認性が劣っている点は、例えばHuaweiのスマホとの二台持ちでビュワー代りに使ってもいいし、解決方法はあるでしょう。

iPhoneiPad MacBookAir、この三位一体の運用方法がどのように僕の仕事を変えてくれるか楽しみです。

関連記事‼︎

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加