レノボのBluetoothキーボードをRZ4で使ってみる

スポンサーリンク
 
Pocket

GR040412
買ってしまいました!

レノボのBluetoothキーボード。

ネットでは賛否両論あるキーボードなのですが、どうしてもキーボードとマウスが一体で操作できるものが欲しくなってポチってみたのです。いつかは手に入れたいとはまえまえから思っていたのですが、
さあ、一体このキーボード使えるのでしょうか。

2,3日使ったファーストインプレッションをお届けします。

ファーストインプレッション。

打鍵感は最高です(^^)

GR040423

赤いポッチがマウス代わりになるのです。

非常に打ちやすくて、適度にキーから反発があり、それが快感となって指に跳ね返ってきます。軽いタッチで入力できて非常に心地いいです。
キーピッチもちょうどいい大きさで文句のつけようがありません。

GR040417

RZ4のキー操作をホールド状態にしてから、キーボードを上に乗っけて操作しています。非常に軽快な打鍵感です。

このへんの一般的な印象はすでに他の多くの人がブログで書いているので、多くは書きませんが、
一言でいうと今式のThinkPadのキーボードとほぼおなじ感触といって良いとおもいます。

気になったところ。

購入後すぐなのに気になる点が幾つか……。

1)チャタリングが極稀に起きる

頻発するわけではないのですが、極まれに発生しています。「っっっっっっっっっっっy」ってやつです。相性の問題なのか、そのうち治ってしまうのか、様子見するしかありませんが。気になります。あくまで「極マレ」です。

2)真ん中のスクロールボタンが反応しなくなる時がある。

これも極マレです。電源を入り切りしたら改善するのですが。左右のタッチパッドは反応しているものの真ん中ボタン(スクロールボタン)だけが反応しないときがあるのですよ。不安です。

GR040422

スペースキーの直ぐ下にあるキーの真ん中がスクロール(センター)ボタン。

3)電源入り切りがはっきりしない

電源ボタンはスライド式で、一回スライドしたら入り。もう一度スライドしたら切り、という単純かつお粗末なもの。わかりづらいです。一応、ライトが点滅するのですが、入り切りハッキリ分かるようにして欲しいものです。

GR040426

電源入り切りするときに、このように点滅するのですが、入なのか切りなのか判別しづらい。

4)トラックポイントでクリックできない

これは僕の思い違いかもしれませんが、確か、トラックポイントをタップしたら左クリック操作ができていたような気がするのですが……。(以前X220など数台を所有していました)
できませんねー(記憶違いかもしれませんが)。

また、専用ソフトをインストールすることによってパソコン設定のマウス欄に「外部キーボード」という欄が一応作成されて、これが随一のトラックパッドの設定画面なのですが設定項目はほとんどなくがっかりです。

専用ユーティリティーソフトがどこかにあってしかるべきだと思うのですが、まだ調べきっていません。クリック操作はできないのかもしれません。

総合評価

気に入りました。
打鍵感が非常に良く、僕の望んでいたキータッチのキーボードです。

レッツノートRZ4のWindows10で使っていますが、先ほど指摘したような面がいくつかあるもののとりあえず気持よく使えています。
良いんじゃないでしょうか。
質感も決してチープとは感じません。程よい大きさ、重さで外出時にも持っていけます。金額なり(9700円で購入)のキーボードではないでしょうか。

GR040420

外観も結構かっこいいと思います。

Amazonのレビューでは「しばらく放置すると待機モードに入って復帰に時間がかかる」との書き込みもあったのですが、今のところそういう症状はありません。順調です。

ま、しばらく使い込みたいと思います。

スポンサーリンク
 

関連記事‼︎

スポンサーリンク
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加