ひらくPCバッグを1年使ってみて思ったこと。

スポンサーリンク
 
Pocket

GR040224
ひらくPCバッグという製品を購入して1年が経過しました。

ペン立てのように、バッグの中を仕切りながら、いわゆる整理しながらパソコンや関連グッズ、日常小物を収納できると評判のバッグなのです。

自宅ではこのバッグを開いて机の上にたてかけ、外出先でも、開いて使用しますから、中身が丸見えで小物がなくなったりということは起こりにくい(ハズ)。

僕はほぼ毎日、このバッグにパソコンを入れて持ちだして使っていますから、
その辺の実情などを1年経った今、書いてみたいと思います。

まず、良いと思ったことから。

 1.立て置きできるバッグは希少。

GR040223

見渡してみれば分かると思いますが、案外机に立てておけるバッグって少ないです。どれもこれも机に置くとダランと寝かせて使うバッグばかりです。
立て置きできると何が良いかといって、机にそのまま置くことができるし、そのままバッグの中を扱えます。これが非常に良い。

2.中身が丸見えできるので整理しやすい

これはこのバッグのセールスポイント。

GR040225
先ほどの立て置きできるというメリットと合わせて、このバッグ、ジッパーを開くと前面を倒せるので中身が丸見えになり、机のうえで非常に整理しやすくなります。どこに何が置いてあるのか一目瞭然です。

3.耐久性・防水性能が高い

雨に濡れてもあまり中身に影響はありません(全くということはないですが)。

GR040204

素材は結構いいものを使っているのではないでしょうか。

激しい雨降りでバッグもかなり濡れていても中身が濡れてしまって、ということは少ないです。また、バッグ素材自体に速乾性があるのか、濡れてもジメジメしたりしません。1年経った今でも色があせたりと言ったことはありません。耐久性はかなり高いですよ。

イマイチな点

 1.案外収納できない

パソコン関連の道具や、ノート、財布、傘など便利に収納できるのですが、おもったほど収納容量は大きい方ではないようです。

GR040218

左上の水色の入れ物があるところがA4サイズのノートやパソコンを収納する場所。そんなに広くありません。

特にA4サイズのノートやクリヤファイル、本などは収納できる箇所が決まっており、それほど広くないので多くは収納できません(特に単行本等は難しい)。

2.ジッパーがよれてしまった。

バッグの中に財布を入れていて、買い物のたびにジッパーを開いて財布を取り出しているのですが、購入当初はビシっと真っ直ぐだったジッパーもよれて曲線になってきて、片手ではジッパーが開けにくくなっています。ジッパーの滑りはまったく問題いのですが、耐久性は高いと思う反面ちょっと惜しいですね。

GR040205

目一杯入れているせいか、ジッパーの部分に曲がりくねっています。ジッパーが開けにくくなるんです。

 3.間仕切りが外れやすい

1年もたつとかなり扱いも粗雑になって、バッグに目一杯モノを入れようとするせいか、間仕切りが外れやすくなってしまっています。そうなると、結構、底にお菓子があったりものがなくなったりということが発生しやすくなります。整理しやすいというこのバッグの売りがおじゃんになってしまうわけです。
僕がモノを入れ込み過ぎているからなのでしょうが、なんとかして欲しいです。

GR040220

間仕切りはマジックテープでくっつけますが、荷物が一杯だと機能しなくなる。

GR040221

間仕切りっていっても地味な素材ですが。

最後に

一年経過すると問題点もいろいろと見えてきますが、常時パソコンを持ち歩いている人にはおあつらえ向きのバッグだと思います。パソコン関連のツールを綺麗に収納できて、いつでもどこでも出し入れできますから大変便利です。

スポンサーリンク
 

関連記事‼︎

スポンサーリンク
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加